無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一生続きそう…♡みんなが憧れる「相性がいいカップルの特徴」4つ

恋愛・結婚

人付き合いにおいて「相性」は重要ですよね。
特に、一番身近にいるからこそ、恋人との相性の良し悪しは心配になるもの。

相性がいいカップルは、一緒にいて楽しいだけではなく、関係性も長続きするのです。
そんな相性がいいカップルの特徴を、ご紹介いたします。

(1)似ている部分と全然違う部分がある

『趣味はまったく違うけど、性格が似てるから、お互い理解し合えるんだと思う』(28歳/広報)

相性がいいカップルは、似ているところがあると同時に、正反対な部分も持っています。
自分と同じ部分を持っているので居心地がいいと思うけれど、違う部分があるからこそ、足りない面を補い合えるのです。

性格は似ているけれど得意分野がそれぞれ違うカップルは、サポートし合いながら強い絆を結んでいけるでしょう。

(2)沈黙が気まずくない

『彼女とだったら沈黙すら心地が良く感じる』(26歳/通信)

大抵の人は、沈黙が訪れると「何か話しさないと気まずいな」と焦りますよね。
そんな中で、話さなくても居心地がいい関係性は、貴重ではないでしょうか?

相性がいい人とは、沈黙でもお互いにホッとするような感覚が芽生え、「安心するな」と思えることができるのです。

(3)お互いに期待しすぎない

『理想を追ってばかりでは疲れちゃうから、相手のいい所を見つけていくほうがいいよ』(28歳/金融)

付き合っていく中で「思っている人とは違った」と幻滅してしまうのは、相手に自分の理想を押し付けているからです。
その理想に当てはまらないと「こんな人だとは思わなかった」という気持ちが生まれてしまいます。

その点、相性がいいカップルは、理想を押し付けたり、過度に期待せずに、ありのままの相手を見て好きになっています。
お互いに無理をせず自然体でいられるので、関係性が長続きするのです。

(4)相手の顔色を伺わない

『お互い言いたいこと言って、やりたいことをやる。それで上手くいかないならダメだと思う』(29歳/商社)

「これをしたら相手に嫌われるかも」という不安は、相性のいいカップルにはありません。
相手の顔色を伺う関係は信頼も薄く、次第に疲れてしまうのです。

相手への気遣いもしつつ自分の好きなことを優先することで、価値観を認め合い、お互いに高め合える理想のカップルになれますよ。

相性の判断基準はありますが、いちばん大事なのは「相手も自分も心地いい関係かどうか」です。
どちらか一方が満足していても、一方が不満を抱えているようでは、相性がいいとは言えません。

自分の希望ばかりを押し付けず、彼の希望も考慮した上で、お互いに歩み寄った付き合い方をしていきましょう。
そうすれば次第に、みんなが憧れるような相性のいいカップルになっていけますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ