無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デカ尻の原因は“反り腰”!簡単ストレッチで下半身痩せの美ボディに♡

正しい姿勢のつもりでも「反り腰」になっている女性が増えています。ぽっこりお腹やデカ尻、太ももの張り出しに繋がってしまうので、クセになっている方は早めに改善したいもの。ここでは反り腰を改善する簡単なストレッチをご紹介します。

2016年10月
美容

「反り腰」になっていませんか?

お尻が大きい、太ももが張っている、お腹がでている。それは「反り腰」になっているせいかもしれません!お尻を突き出したような姿勢は現代女性に非常に多い間違った姿勢です。

反り腰度合いをチェック!

まず日頃から内股になっている人は、反り腰の可能性が大!自覚がないという方は、壁に背中と肩、お尻をつけて立ってみましょう。腰の後ろに手の拳が入る人は反り腰になっています。

なぜスタイルが悪くなるの?

腰が反ると骨盤が前に倒れます。すると、太ももの横やお尻部分が後ろに張りだし太くなってしまうことに。下半身太りを引き起こす要因になっているのです。

体幹も正しく使われないので、お腹もぽっこりと前にでてしまいます。

猫背も同様ですが、腰を反らせ身体の軸をずらしていると腹筋や背筋を使わないので確かに楽なんです。試しに腰を少し前にしまおうとしてみてください。お腹周りの筋肉がしっかり使われることがわかるはず!

ストレッチで改善!

反り腰を改善するためには、ストレッチをして身体のクセを取り除いていくことが大切です。その上で体幹を鍛えてあげると、骨盤の位置が整い腰を反らなくても済むようになります。

Pin it
ピンもと: el124.com

反り腰改善メソッド

ここでは、立ったまま出来る2つの反り腰改善ストレッチをご紹介します。いつでもどこでも出来るので1日2~3回取り入れてみてください。

1、肩甲骨&骨盤ストレッチ

背骨や肩甲骨周りのをほぐすためのストレッチです。固まった背中をほぐし動きを滑らかにすることで、正しい姿勢がとりやすくなります。

1、足を肩幅より少し広めに開く
2、背中の後ろで10本指を組み肩甲骨を寄せる。
3、大きく息を吸い、息を吐きながら腰から前屈していく。
4、無理のない位置で10秒ほどキープ。ゆっくり元に戻る。

これを3セット程行いましょう。肩甲骨をキュッと寄せたまま、背中を丸めずに前に倒れていくのがポイントです。骨盤の動きを意識してみて。

2、股関節ストレッチ

骨盤の安定につながる股関節をストレッチしつつ、体幹を鍛えることのできるポーズです。バランスを上手にとれるようになれば、腹筋と背筋のバランスが整い反り腰が改善されます!

www.yogajournal.com

1、両足を揃えて立つ。
2、右足の膝を曲げ、両手で抱える。
3、バランスをとりながら5呼吸(30秒程)キープ。
4、左足も同様に行う。

左右各3セット行いましょう。下腹に軽く力を入れ、頭を天井から引っ張られているような感覚で姿勢を正すとバランスがとりやすくなります。持ち上げた足をぐっと胸に引き寄せるとストレッチ効果がアップしますよ。

正しい姿勢で美ボディになろう

たかが反り腰だと侮ってはいけません!スタイル悪化の元凶になっている可能性も。キュッと引き締まった美しいスタイルを目指すなら、まずは正しい姿勢を手に入れるためのストレッチから始めてみましょう。

Pin it
ピンもと: gildapearl.co.uk
717

どこから見ても完璧なボディを目指して♡

記事に関するお問い合わせ