無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手帳・ノートをお洒落に彩る♡簡単デザイン文字の書き方8選

ライフスタイル

デザイン文字をマスターしたい!

初心者でも簡単にできる♡

手帳やノートに素敵なデザイン文字を書けたらいいなと思いませんか?デザイン文字を書ければ、DIYなどもいっそう素敵にできる上、カードや手紙にも大活躍。

今まで挑戦したことがない方も、「難しそう」と思う方もご安心を。今回は初心者でも簡単にできるデザイン文字の書き方をご紹介します。これをマスターすれば、あなたの手帳やノートがもっと素敵になるはずです!

簡単デザイン文字8選

①ドット文字

Olga_Z / GettyImages

簡単に書ける、ポップな可愛い字体です。また、アルファベットだけでなくひらがな、カタカナもおすすめです。色ペンを使えばさらに賑やかに。

書き方:文字の線の始まりと終わりに小さな丸をつけるだけで完成。

②丸い囲み文字

泡のような丸みの囲み文字もキュート。初心者は、英語の大文字から始めるとやりやすいです。中を色鉛筆や色ペンで塗っても可愛いので、工夫してみてくださいね。

書き方:鉛筆で下書きをするのがおすすめです。まずは普通に文字を書き、その周りを丸く囲っていきます。最後にペンで仕上げ、下書きの鉛筆の線を消します。

③トレンドの縦長文字

最も簡単に書けるトレンド文字といえば、縦長文字。最近は雑貨のロゴなどでも縦長文字をよく見かけますよね。少し太めのペンを使っても可愛いです。

Olga_Z / GettyImages

書き方:それぞれの文字の縦を長く、幅を短く書きます。上の画像のように、全て大文字で書くのがおすすめ。

強調したい単語は少し大きく書いても◎です。バランスはあまり気にしなくても、おしゃれなデザインになります。

記事に関するお問い合わせ