無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ランチの選び方でお金が貯まる?6つの秘訣を要チェック♡

働く女子にとって、ランチタイムは楽しみの一つです。ただ、毎日外食するとなると月の食費もバカになりません。ランチの選び方によって左右されるお金の貯まり方。その6つの秘訣をご紹介します!

2016年10月
ライフスタイル

お金が貯まるランチの選び方って?

毎日働く女子にとって、ランチタイムは楽しみの一つ。しかし、毎回外食となれば月の食費もバカになりませんよね。実は、ランチの選び方によってお金の貯まる貯まらないは左右されるんです。

チリも積もれば山となります。6つの秘訣をチェックして、ランチの選び方を見直してみませんか?さっそく見ていきましょう。

1.実はNG!ランチ代1日500円の考え

1週間で予算を組む

1日のランチ代は500円。確かに聞こえはリーズナブルですが、実は1日◯円という予算組み自体が出費を高めてしまう考えなんです。お金が貯まるランチの予算組みは1週間単位で考えること。

では、なぜ1週間単位で考える必要があるのでしょうか?

2.一週間で変化をつける

1週間で予算を組めば変化が生まれる

1日500円ではなく、1週間(5日)で2,500円の予算とします。すると、300円の日もあれば700円の日もある、同じ2,500円でも毎日のランチに変化をつけられるのです。

また、1日500円×5日分のランチを徹底してしまえば、ランチタイム自体が“作業”のように退屈なものへと変わってしまいます。そんな無意識のストレスが、たまの衝動買いを誘発する要因になってしまうかも。

3.普段は質素、特別日はおしゃれランチ

メリハリをつける

普段は質素、1週間のうちに特別日を設けておしゃれなランチに行く。このようにメリハリをつけていくと、ストレスもなくなります。貯金上手な人の多くに共通する、楽しみながらの倹約テクニックです。

4.炭水化物は持参、おかずのみ購入

おにぎりやトーストを持参

質素=手抜きということではなく、おにぎりやトーストを1〜2個持参しておかずのみを購入すれば、その分コストが下がります。ちょっとした事ですが、1カ月で換算すれば数千円と差がでてくるんですよ。

oceans-nadia.com

浮いた費用を特別日に回せば、1週間に一度はリッチなランチタイムを過ごせますよね!質素ながらもお腹いっぱいに、ひもじい思いをしないことが節約を長続きさせる秘訣です。

5.節約+ちょこっと贅沢が堅実

ご褒美の息抜きに

ランチは金額を控えたものをチョイスした日は、3時のプチ休憩にはちょこっと贅沢で息抜きを。ただし、毎日スターバックスではなくコンビニの100円コーヒーでプチご褒美が堅実です。

ちょこっと贅沢はお弁当派の人にもおすすめですよ。お財布の紐をきゅっと締めつつ、お手頃なお菓子やドリンクを購入すればリラックスできます。

6.ランチパスポートを活用する

豪華なランチがお得に食べれる!

ランチは外食派という人にマストチェックなアイテムが「ランチパスポート」。一冊1,000円(税込み)程度で発売されていて、掲載されている店舗のランチが500円に割引されるクーポンブックです。

有効期限は3カ月で、各エリアごとに定期的に発刊されています。amazonや本屋さんで手に入るので、職場の近辺エリア版があればマストチェックですよ!

ランチパスポート 公式HP
ランチパスポート amazon

たかがランチ、されどランチ♡

ランチ代数百円でも、毎日続けばコストは嵩みます。選び方をちょこっと見直して、賢く倹約しつつランチタイムを有意義に過ごしましょう♡

1ヶ月で食費1万円を節約する!「6つの黄金ルール」があった♡

皆さんは毎月の食費、いくらかかっていますか? 毎月かかる固定費に変動費、一番節約しやすいのがずばり食費なんです。1カ月に1万円を節約できたら年間12万円。無理なく賢く、食費を節約するためには6つの黄金ルールがありました。
11829
記事に関するお問い合わせ