無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どんな字も一気におしゃれに♡カリグラフィー風文字を書いてみよう

インテリア

手書きで思いを伝えたい♡

お店でお洒落なカードを買うこともできますが、大切な人には心がこもった手書きのカードを送りたいですよね。とは言え、あまり字は上手くないから...と躊躇してしまうことも多いのではないでしょうか?

mediaphotos / GettyImages

しかし今回ご紹介するカリグラフィー風の書き方なら、どんな字でもお洒落に仕上がりますよ。早速書き方をチェックしてみましょう。

カリグラフィー風文字の書き方

voyata / GettyImages

必要なものは紙と鉛筆、消しゴム、定規、極細タイプ(0.3㎜など)の黒ペンです。紙の色や厚さなどに決まりはありませんが、消しゴムを使っても色落ちしないものを用意してくださいね。

efks / GettyImages

まずは鉛筆と定規を使って線を引いてから、お好きな文章を筆記体で書いてみましょう。あとで太くするので、文字と文字の間には間隔を空けておくことがポイントです。

筆記体をおさらいしておきましょう
simarik / GettyImages

鉛筆で書いたラインをペンでなぞり、インクが乾いたら消しゴムで綺麗に消します。

Andrea Colarieti / GettyImages

カリグラフィーでは上から下に書くときは力を入れて線を太くして、下から上は力を抜いて細くすることが基本ルールとされています。これを応用して、上から下へのラインを書き足して太くしましょう。

書き順がわからなくなったら、この表を参考にしてみてくださいね。

最後に太くした部分を塗り潰せば完成です。字と字の間隔を空け過ぎてしまったときは、太い部分をさらに太くしてバランスを整えておきましょう。

もうひと工夫でもっと素敵に♡

記事に関するお問い合わせ