無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼ママに初めてのご挨拶!好印象を与えるのに重要なこと5つ

2020年3月
恋愛・結婚

初対面の印象が今後を左右する!

彼ママに一度マイナスの印象を持たれてしまうと、挽回するのは容易ではありません。初対面で彼ママに好印象を与えるために押さえておきたいポイントをご紹介します。

①華美でなく清潔感のある服装を選ぶ

服装で内面や生活ぶりをチェックされる!

ブランド物や派手な服装は、金銭感覚を疑われてしまう恐れがあります。また、シワやシミ、汚れや毛玉の目立つ服を着ていると、ズボラでだらしない生活をしているのではないかと思われてしまうでしょう。

Ng Sok Lian / EyeEm / Getty Images

基本的に自分の好きな服でかまいませんが、清潔感と適度なきちんと感、そして清楚さを忘れないようにしてください。スカートなら、座った時のことを考えるとタイトスカートよりフレアスカートのほうがお勧めです。

Yulia Lisitsa / Getty Images

スニーカーはカジュアルすぎ。足元はナチュラルストッキングにパンプスが基本です。夏場でもナマ脚は避け、ストッキングを着用しましょう。着脱に時間がかかるブーツやサンダルは避けたほうが無難です。

②2000円程度の手土産を持参する

彼の家族の好みをあらかじめリサーチしておく

手ぶらで行くと、気が利かないと思われてしまうかも。訪問時には必ず手土産を用意しましょう。あまり高価なものだと彼ママに気を遣わせてしまうので、2000~3000円程度のものがおすすめです。

Yulia_Davidovich / Getty Images

地元の特産品なども良いですね。彼ママに手間をかけさせないように、切る必要がなくそのまま出せるものがおすすめ。手土産を選ぶ際には必ず彼に、家族の好みやアレルギーの有無などを確認しておきましょう。

③苦手な食べ物はあらかじめ伝えておく

出されたものは残さない!

彼の家ではお菓子や食事を出してくれるはず。せっかく用意していただいたものを残すのはやはり印象が良くありません。アレルギーなどでどうしても食べられないものは、彼を通じてあらかじめお伝えしておきましょう。

Liliboas / Getty Images

彼ママのお手製料理は「美味しいです!」と伝え、作り方を聞いてみると会話も弾みますよ。洗い物などお手伝いは臨機応変に。無理に台所に入ろうとせず、手が届く範囲でさっと取り分けや片付けなどを手伝いましょう。

記事に関するお問い合わせ