無料の会員登録をすると
お気に入りができます

忙しくても大丈夫!散らからない部屋を作る6つの習慣♡

毎日忙しいとなかなか掃除する時間がない、そんな人は必見!散らからない部屋を作るコツを身につければ、いつでも整頓としたお部屋をつくることはできます!そのマル秘習慣をご紹介します。

2016年10月
ライフスタイル

目指せ!散らからない部屋!

忙しいとついついお部屋が散らかってしまう、そんな人は必見。いつでも綺麗なお部屋を保つ秘訣は、ずばり日々の習慣が鍵となります。

ちょっとした意識の改革で気持ちの良いお部屋を保てるなら、トライしてみたいと思いませんか?6つのマル秘習慣をご紹介します。

①同じもの=1カ所にまとめる

一時置きが便利

同じものは1カ所にまとめる。全部しまわなくても、“一旦ここに置かせてね”そんな一時置きを活用するのが綺麗なお部屋への近道です。

photo by kansugi

大きめの収納グッズを活用!

ズボラさんでも一時置きする癖をつければ、お部屋の散らかり度はだいぶ低くなるはず。大きめのワイヤーバスケット、ランドリーバッグなどを活用して、同じものを一カ所に一時置きを徹底してみてください。

②プチ片付けスケジュールを組む

1日5~10分、1カ所でもOK

いつもお部屋が綺麗な人は小まめに掃除しているケースが多いです。毎日が大掃除は疲れちゃいますよね。1日5~10分、1カ所をピカピカに磨くだけでもルーティーンにすることで綺麗を循環させられます。

具体的にスケジューリング

習慣づけるために、手っとり早いのが手帳に書いちゃうことです。隅っこでも良いのでトイレ、バスルーム、掃除機など、細かにお掃除タスクを記入してスケジュールを組むと実行しやすいんです。

③お部屋の写真を撮る

客観的に見る

自撮りもそうですが、客観的な視線を確かめるには写真撮影が便利です。お部屋の写真を撮ってみて、客観的に見れば気づくことも多いはず。

pixabay.com
記事に関するお問い合わせ