無料の会員登録をすると
お気に入りができます

捨てたらストレス&疲れがなくなってお金が貯まったものBEST5

ライフスタイル

貯蓄の達人たちに「捨てたら貯まる?」とアンケートしたところ、全員が「YES!」と回答。達人が声をそろえて「捨てて正解」と答えたアイテムを、まとめてご紹介します。捨てたら疲れなくなって、貯め体質に近づいていきますよ。

ものを捨てられるとお金の管理がうまくなる

<教えてくれた人>
横山光昭さん
家計再生コンサルタント。これまでに2万3000件以上の家計を支援。わかりやすいアドバイスで、著書の累計発行部数330万部以上!

「貯まる人は、基本的にたし算ではなく引き算で物事を考える」と横山さん。「なくてもいいものや、ストレスがかかることを、まずそぎ落とす。すると、時間や気持ちに余裕が生まれ、落ち着いてお金に取り組めるようになります。捨てる過程で、本当に必要なものも考えられるので、自然とムダのないお金づかいにもつながっていきます」。身の回りのよけいなものはまず捨てる。少しでも身軽になることが、貯め体質への第一歩と心得て。

1位 洋服

【被服費年20万円→5万円以内に】
タンスの肥やしを処分!「おしゃれしなきゃ」のプレッシャーから解放され、洋服代年間15万円ダウン。(ここゆきさん)

ミニマリストの本に影響を受け、着ていない服を処分。好きなテイストだけ残したら、着回しがラクで朝選ぶのも楽しい!「新しい服がなきゃおしゃれできない」とセールに走ることがなくなり、洋服代が一気にダウン。貯蓄を大きく伸ばすきっかけに。

【必要な服がわかって失敗買いがゼロに】
自分の好みを再確認。一時の衝動に流されなくなり、うっかり買いがゼロに。(ふわふわパンさん)

パンパンのクローゼットから、着ていない服を捨てたら、「素材やサイズ感が微妙」な物ばかり。以来、必ず試着して着心地を確認するようになり、タンスの肥やしが激減しました。服の数が減ったら、手持ちの把握もラク。ムダな買いたしや、似たような服を買ってしまうミスも減って、いいことだらけでした。

2位 雑貨

【「捨てる」を始めて年貯蓄額1~3万円UP】
かわいい家だねと言われたくて買っていたけど、ムダな見栄出費でした。(紺野千里さん〈仮名〉)

友人に褒められたくて、家を飾りまくり。でも、本当におしゃれな友人宅に行ったら、センスの違いに打ちのめされて(笑)。「見栄でやるものじゃないな」と、処分した雑貨たちは結構な金額。物を買う基準が他人にあると結局ムダになると勉強になり、買い物に真剣に向き合えるようになりました。

【ちり積も買いが減って家計が改善!】
飾るスペースを1カ所にしたら、掃除もラクだしムダづかいも減った。(ふわふわパンさん)

雑貨を飾るのが大好きでしたが、掃除が面倒でほこりだらけ。〝家事ができない自分〞を見るのがストレスでした。そんな暮らしを変えようと、雑貨は玄関の棚に限定したら、ムダに増えなくなり、掃除もラク。家のことが好きになり、外でお金を使って発散することも減りました。

3位 キッチングッズ

【総菜代月5000円→月1000円にダウン】
ボウルや菜箸を厳選!探すプチストレスが消えたらお総菜に頼らなくなりました。(栗林景子さん)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ