無料の会員登録をすると
お気に入りができます

元銀行員が教える!「貯まる家計」になるために夫婦で話し合うべき4つのこと

節約・マネー

元銀行員でFPの資格を持つ1児のママの、サンキュ!STYLEライターのしばです。

夫婦といえども、お金の話ってなかなか切り出しにくいですよね。しかし、お互いの協力なくして「貯まる家庭」にはなれません。そこで今回は、お金について夫婦で話し合うべきことを4つのポイントに分けてお伝えします。

ポイント1.まずはここから!収入と貯金額を共有しよう!

「共働きで財布は別」というかたや、「専業主婦で生活費だけ管理し、残りは夫任せ」というかたもいると思いますが……貯まる家庭になるためには、実は家計を互いに理解することが大切。

「向こうは貯めているだろう」と相手任せにして、本当にお金が必要になったときに「実は貯金がなかった!」と慌てても遅いんです。家計を夫婦で共有していれば、日々のやりくりだけでなく、出産や転職など収入が下がったときや、子供の教育費などで出費が増える時期にも、2人で協力して対処できます。

さらに、相手に借金や奨学金などの負債がないかも要チェック。もしある場合は、金額や繰上げ返済ができるか確認してみてくださいね。

ポイント2.おこづかいは確保しよう

おこづかいっていちばん減らしやすい項目なんですが、自由に使えるお金がないと結構ストレスになるんですよね……。結果、無駄遣いをしてしまうなんてこともあり得ます。

私も以前はおこづかいにシビアでしたが、夫婦円満のために考えを改めました。「家計=家族、夫婦共同のもの」と「おこづかい=個人のもの」として、お互いのおこづかいはしっかり確保するようにしましょう。専業主婦でもおこづかいは必須。

上限をはっきりと決めて、個人的な買いものもよく考えてからお金を使う癖をつけましょう。

わが家はおこづかいの範囲内であれば使いみちは自由、余ったらそのまま個人の貯金にしてOK!独身時代の貯金がある口座をおこづかい用口座として、残高だけ夫婦で共有しています。

おこづかいの額や管理方法はよく話し合い、お互いの納得がいくようにルール化してみてくださいね。

ポイント3.ライフプランや将来の夢について話そう!

夫婦で将来について話し合い、ライフプランを立てておくことも重要です。

とくに、お金のかかる教育費や住宅費は大きなテーマ。「教育費を〇〇円貯める」「住宅ローンの頭金を〇〇円用意する」など共通の目標をつくると、家計管理のモチベーションが高まりますよ。家族の夢や理想も準備できる期間があれば、実現へより近づきます。

将来どういう風に生活したいのか、なるべく具体的に話し合うようにしてみてくださいね。
ふだんから夫婦や家族で話をする時間をつくるなど、本音を言い合える関係をつくっておくことが大切です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ