無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「いいお嫁さん」アピールは逆効果!?彼にほんのりと結婚を意識させる方法

婚活中、やっと条件のいい男性に巡り合えると「私、いいお嫁さんになりますよ♡」アピールをやりがち。もちろん男性に自分をアピールすることは大切ですが、やりすぎは禁物です。やりすぎることで失敗につながりやすいアピールについてご紹介します♡

2016年10月
恋愛・結婚

やり過ぎは厳禁!いいお嫁さんアピール

婚活中に条件のいい男性を見つけたら、家庭的な部分に魅力を感じてもらうために「いいお嫁さん」アピールは欠かせません。しかしやりすぎは禁物です。ついつい過剰なアピールで男性を引かせてしまってはいませんか?

ここでは妻としてふさわしい社会性の高さや、家庭的な面を見せたいと一生懸命になりすぎると過剰になりやすい定番アピールと、やり過ぎの回避方法についてご紹介します♡

彼を追い詰めるNGワード

結婚を意識してほしくて何気なく口にしているワードが、貴方の好感度を下げてしまっているかもしれません。結婚の意思を遠回しに伝えたつもりでも、男性からは疎まれてしまうこともあるのです。

「〇歳までに結婚したい」

具体的な年齢をあげることで、男性が急かされているように感じてしまうこの言葉。「〇歳までには子供が欲しい」も同様で、そんな気はなくとも、男性はこの言葉に焦りを感じ、結婚に逃げ腰になってしまうのです。

素直に伝えるのも効果的

遠回しな言い回しは逆効果。また結婚に前のめりな印象を与えてしまいます。遠回しに結婚を匂わせるよりは、こちらが結婚したいと思っていることをストレートに伝えるほうが好印象を与えることができますよ!

結婚したいと思わせることが重要

また結婚したいとアピールするだけではなく、彼が結婚したいと思わせる努力をすることも重要です。男性が結婚したいと思う女性というのは社会性が高く、家庭的な面を持つ、最も一緒にいてリラックスできる女性です。

良き理解者でありパートナーまた、心からホッとできる場所を作れる女性になるためには何が必要でしょうか?まずは彼の話に耳を傾け、お互いに楽しく時間を過ごせるような関係を目指してみるのがお勧めです。

記事に関するお問い合わせ