無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

毎月のブルーデイで悩まない!痛みやストレスを和らげる過ごし方6選

ライフスタイル

少しでも気分よく過ごしたい

月に一度やってくる、憂鬱なブルーデイ。体調や肌が乱れやすかったり、心までちょっと不安定になってしまいやすいので、気分が下がってしまいますよね。

Westend61 / Getty Images

そこで今回は、ブルーデイを少しでも気分よく過ごせるようなアイデアをご紹介します。痛みを和らげる過ごし方や、気分をちょっと軽くする方法など、今すぐ実践できる、簡単なTODOをまとめてみました。

1.身体を温めることが最優先!

痛みを増加させないために最も大切にしたいのは、身体を温めるということ。特に積極的に温めたいのは、お腹と背中です。厚着をしている日も要注意で、お腹や背中が少しでも出ていると、冷えの原因になってしまいます。

unsplash.com

キャミソール等のインナーを着て、布と肌をぴったり密着させるのがコツ。薄いインナーでも、お腹周りがガードされていることで、ぐっと冷えを抑えることができます。身体の内側から冷えないよう、冷たい飲み物も控えましょう。

2.白砂糖やカフェインは、ちょっと我慢

ホルモンバランスが乱れることによって、無償に甘いものが食べたくなってしまう生理中。ストレスフルなこの期間にはなるべく自分を甘やかしたいところ…ですが、白砂糖をたくさん摂取することは、冷えに繋がってしまいます。

unsplash.com

同じく生理中に控えたいのは、カフェイン。こちらも摂取しすぎることで血行が悪くなってしまうので、大好きなコーヒーも、この期間は我慢をするか、量を減らしてみるなどの工夫をしてみてください。

3.痛みや精神安定に必要な栄養素を摂る

食事のとり方も、痛みを左右する大切なポイント。血行をよくするビタミンEや、鎮痛作用のあるビタミンB6、生理中に不足しがちな鉄分、精神を安定させるマグネシウムなどを、積極的に食事から摂るようにしてみましょう。

unsplash.com

おすすめは、生理が来て痛みを感じ始めたらではなく、予定日が近づいてきたら意識して摂る準備をすること。毎月頭の片隅に置いておくことで、食材のお買い物もスムーズになりそうですね。

4.ハーブティーの力に頼ってみる

身体をほっと温めるために、温かい飲み物を飲みましょう。前述した通りコーヒーなどのカフェインは避けたいので、この期間には「ハーブティー」を試してみるのがおすすめ◎

unsplash.com

リラックス効果があり、種類もたくさんあるので、この機会にお気に入りのハーブティーを見つけてみてはいかが?ハーブティーの中にもカフェインが含まれているものもあるので、事前に成分をチェックするのをお忘れなく!

記事に関するお問い合わせ