無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自宅でできる生活習慣改善法! 今、免疫力を高めるために心がけたいこと3選

ライフスタイル

免疫力を高めるために心がけたいこと、自宅でできること

日ごろこのようなことは感じませんか?

・手足やお腹が冷えている
・慢性的な睡眠不足
・座り仕事が多く、運動不足になりがち
・便秘や下痢をよくする
・ストレスを抱えている
・風邪を引きやすい
・口内炎やヘルペスができやすい
・あまり笑っていない

上記に半分以上当てはまる人は免疫力が低下しているサインかもしれません。

免疫力が低下すると体内に入った細菌やウイルスを防いだり撃退する力が弱くなり、風邪など体調を崩したり、疲れがなかなかとれず、回復が遅いといったことがおきやすくなります。

ウイルスや風邪、アレルギー症状に負けない体を作るためには、自身の免疫力を高めておくことが大切です。

今回は、美容や健康のために私が心がけていることをご紹介します。

(1)自律神経を整える

冬から春にかけての気温の変化や環境の変化、ストレスによって交感神経と副交換神経のバランスが乱れやすくなります。私はこの時期とくに規則正しい生活や食事、睡眠をとり、自律神経のバランスを整えるようにしています。

起床後、窓を開けて、新鮮な朝の空気を吸い、部屋の空気を入れ替えて、太陽の光を浴びながら深呼吸します。朝はコップ一杯の白湯を飲み、内臓を温めて体温を上げます。

日々の起床や就寝時間が一定になるように心がけて、生活リズムを乱さないようにするのもいいですよね。

寝る直前までスマートフォンやパソコンを見ていると、光で目が覚めたり脳が起きてしまい、睡眠の質が低下しやすくなります。目と脳を休ませるようにして、質のよい睡眠をとるように心がけています。

(2)抗酸化作用のある食事をとる

私は免疫力を高めるために、抗酸化作用のあるものや野菜、肉、魚、フルーツをまんべんなく食べるようにしています。

例えば、
・納豆やきのこ類や野菜たっぷりのおみそ汁、焼き魚と白米
・野菜炒めや生野菜サラダ、しょうがたっぷりのスープ、おから、グレープフルーツやネーブルなどのフルーツ
・にんじんやかぼちゃ、ブロッコリーなどの蒸し野菜と肉や魚、野菜たっぷりのおみそ汁、白米など

とくに野菜やきのこたっぷりのおみそ汁、しょうがベースのスープなどは朝食にとり入れると体温やエネルギーが高まるのでおすすめです。

以前ご紹介した記事『-15kgやせダイエットの成功者が実践! 無印良品の低カロリー鍋の素3選』など、自宅で簡単においしい鍋が楽しめるレトルトアイテムなどを常備して活用するのもいいですね。

-15kgやせダイエットの成功者が実践! 無印良品の低カロリー鍋の素3選
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ