無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

ウイルス対策にも!正しい「換気」の仕方で気持ちいい暮らしを作る

ライフスタイル

窓がない部屋なら、換気扇を回しっぱなしにすると換気できます。また、窓が1つだけの部屋でも、窓を開けて換気扇を回すというのもありです。

吸気口は狭く、排気口は広く

窓の開け方にも一工夫。空気が入ってくる吸気口は狭く、空気が出て行く排気口は広く開けましょう。吸気口が狭いと、勢いよく空気が入ってきます。排気口が広いと、小さな力でも空気が出て行きます。空気の流れが効率的になる窓の開け方なのです。

ronstik / Getty Images

吸気口の窓は5~15cmほど開けて、排気口は全開にして、効率よく空気を入れ換えましょう。

換気の頻度はどれくらい?

2~3時間に1回、5~10分

ZenShui/Sigrid Olsson / Getty Images

換気は2~3時間に1回、5~10分がちょうどいい頻度だと言われています。1回に長時間換気するよりは、短時間でも回数を増やす方がベターです。何度もこまめに窓を開け閉めするのは面倒ですが、気づいたときには換気するようにしましょう。

気持ちいい目覚めに朝の換気

Westend61 / Getty Images

寝起きがあまり良くない人は、朝に換気をしましょう。少し冷たい空気が部屋に入ると、体がシャキッと目を覚まします。1日の気持ちいいスタートに、朝の換気がおすすめです。

湿気が気になるなら昼の換気

Photo by Colin Maynard / Unsplash

部屋の湿度が高くて蒸し蒸しするのが気になるなら、12~16時の昼頃に換気しましょう。この時間帯は湿度が低いので、入ってくる空気が比較的からっとしています。

心地よい空気の中で暮らしましょう

AndreyPopov / Getty Images

空気を入れ換えると、部屋が心地よくなり、気分も清々しくなります。ウイルス対策としてはもちろん、暮らす場所を快適に保つためにも、正しく換気をしましょう。

記事に関するお問い合わせ