無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[メイクスポンジ比較]ダイソーとセリアはどちらが使いやすいの?

100yen

元美容部員のサンキュ!STYLEライターあめのです。ベースメイクは、テクなしできれいに仕上げたいですよね。きれいに仕上げたいなら、メイクスポンジは必須。手でちゃちゃっと伸ばすよりも、断然キレイに馴染みます。

メイクスポンジは、100均でも購入することができるんですよ。今回は、ダイソーとセリアのものを比較してみました!

ダイソー「ホイップ型リキッドファンデスポンジ」

水でふくらむメイクスポンジ「ホイップ型リキッドファンデスポンジ」。先端がとがった形状なので、こまかい部分にも使いやすそう。

でこぼこがあるので持ちやすい。そして、手ざわりがホワホワで気持ちいいです。

セリア「3Dパフ」

セリアの「3Dパフ」。しずく型とフラット型の2種類。頬などの顔の中の広い面に一気に伸ばしたいときはフラット型が便利です。

こちらも先端が尖っているため、小鼻のキワや目元などにも使いやすい。水を含むとプルプルにふくらみます!

ダイソーVSセリア どちらのメイクスポンジを選ぶべき?

結論からいうと、セリアのメイクスポンジのほうが断然オススメです。というのも、ダイソーのメイクスポンジはリキッドファンデを吸収してしまうんです……。

だから、ファンデを伸ばしても伸ばしても、お肌のアラが隠れない!おかしいなぁと思ってスポンジを見ると、ほぼスポンジがファンデを吸っている……ということが何度もありました。

でも、セリアの「3Dパフ」なら、その点はまったく心配なし。スポンジの底のフラット面で一気にファンデを伸ばせば、ムラにもなりにくくきれいにつきます。

ダイソーのメイクスポンジがセリアに勝てる点は、しいていえば肌ざわり。ダイソーのほうがフワフワ・プルプルで、お肌にふれたときに優しい感じです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ