無料の会員登録をすると
お気に入りができます

痩せないのは部屋のせい?スリムボディが手に入るインテリア5つのコツ

痩せてキレイになりたい!とダイエットをしているのに、つい食べてしまって全然痩せられない…あなたはそんな万年ダイエッターになりつつありませんか?実は、痩せたいなら身の回りの環境を整えることが大切。今回は、痩せやすい部屋づくりのコツについてご紹介します。

インテリア

部屋と心はつながっている!?

ダイエットというと、一般的に食事管理と運動をイメージしますが、実は部屋には様々なダイエットの落とし穴があることをご存知でしたか?「部屋は心を表す鏡」とも言われ、密接につながっています。

ダイエットしているのに思うように痩せなかったり、食欲がコントロールできなかったりする原因は、ひょっとしたらあなたの部屋に原因があるのかも?理想の体型に近づくための部屋づくりについてご紹介しましょう!

ダイエットを成功に導く部屋づくり

1. 姿見を置いて全体像を意識

姿勢が悪いままで運動をしても、ダイエットの成果は出にくいもの。まずは、姿見を見ながら身体の芯となる姿勢を良くすることから始めましょう。痩せやすい正しい姿勢を作ることで、成果が出やすくなります。

また、エクササイズをする時も姿見を見ながら行うのがオススメ。全身のチェックをしつつ、引き締めたい部分も意識しながらトレーニングできるため、効果もさらに出やすくなります。

2. 冷蔵庫の中身をヘルシーに

冷蔵庫の中は、あなたの普段の食生活を反映しています。ダイエットをしているのならば、常にレタスやキャベツなどの葉もの野菜に加え、フルーツが8割を占めた状態にすると自然に食生活が変わってきます。

また、食事はなるべく最初に生の状態のフルーツや野菜を摂るようにしましょう。スムージーやサラダなども食事の一番最初に食べると脂肪を減らす酵素とビタミンの働きが大きく変わるため、ダイエットに効果的。

3. クローゼットの中に1割の余裕を

痩せてオシャレしたい!という意欲を上げることはダイエットの原動力ですが、クローゼットに服が詰まっていると、オシャレに時間がかかってしまって、結局いつも同じ服を着がちになってしまいます。

洋服の要る・要らないを取捨選択して、クローゼットの容量は1割ほど余裕を常に作っておけば、コーディネートできる時間を取りやすくなり「もっと痩せて目標の服を着こなしたい」という気持ちが生まれてきます。

4. ゆっくり過ごせるイスを置く

いつも時間に追われていると自分を見失ってしまいがち。自分らしく過ごすための「お気に入りのイス」があれば、そこに座って自然と本を読んだりスキンケアをしたりなど気持ちの余裕が生まれてきます。

記事に関するお問い合わせ