無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

汚部屋を脱し、綺麗な部屋をキープするための7つのルール

インテリア

毎日コツコツ続けて汚部屋から脱出しよう

いちど汚部屋になってしまうと、片付けたくてもまず何から始めればよいのか途方に暮れてしまうものです。やみくもに動いても挫折するだけ。汚部屋から脱却するために、順に踏んでいくべきステップをご紹介します。

puhimec / Getty Images

①まずは「捨てる」ことから

家を綺麗にする作業には、清潔にする「掃除」と物を片付ける「整理整頓」があります。汚部屋は物が容量オーバーしている状態で、整理整頓や掃除自体ができません。まずは物を減らすことから始める必要があります。

KatarzynaBialasiewicz / Getty Images

汚部屋を脱出するには、①物を減らす→②整理整頓して物をあるべき場所に収め、見た目もきちんと整える→③適度な掃除で清潔に保つという順序が基本です。

FollowTheFlow / Getty Images

最初は①の物を減らすことに時間がかかりますが、部屋がある程度片づけば①~③を短いサイクルで回せるようになり、無理なく綺麗な部屋を保つことができますよ。

②1日1個モノを捨てる

普通に暮らしているだけで物は自然と溜まっていくもの。常に意識して物を捨てていく必要があります。一度にまとめて捨てようとすると、捨てる・捨てないの判断に時間をとられ、それだけで疲れてしまいます。

KatarzynaBialasiewicz / Getty Images

挫折しないコツは、1日で片付けようとするのではなく、毎日1つずつ不要品を捨てていくというルールを守ること。捨てるか取っておくか判断に迷う物はとりあえず後回しにし、明らかな不要品から捨てていきましょう。

FollowTheFlow / Getty Images

掃除が苦手な人は、物を捨てるのが苦手。「1日1個物を捨てる」というシンプルなルールを粛々と守るだけで、次第に「自分だってちゃんと片づけられる!」という自信がつき、捨て上手になっていきますよ。

③収納グッズを買い足さない

散らかし屋さんは収納スペースの活用が苦手なもの。「部屋が汚いのは収納が足りないから」と考え、新しく収納グッズを買い足せばいいと考えがちです。しかし実際には、収納が増えたぶん物も増やしてしまいがちです。

Artjafara / Getty Images

収納グッズを増やすと部屋が狭くなり、一層片づけにくくなります。部屋が物を収容できる容量はクローゼットや物置などに入る分だけと考え、そこに収まる分以上の物は持たないようにすることをおすすめします。

記事に関するお問い合わせ