無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今季もまだまだ使えます♡秋の「Gジャン」着こなし術

今季こっそりトレンドになりつつあるのがGジャンです。COOLなアイテムでかっちりコーデになりそう…なんてあなた、実はいろんな着こなしができるってご存じですか?秋冬も着こなしたいGジャンコーデを学びましょう。

2016年11月
ファッション

今季はGジャンがキテる♡

自由自在に着こなせる優れもの

今年の秋はGジャン=デニムジャケットが密かなブームのようです。シンプルなデザインなのでどんなアイテムとも相性が良く、自由自在に着こなせると人気です。

wear.jp

そこで今回は大人女子によく似合う、Gジャンの秋コーデをご紹介します。買ったけど着こなしに迷っている人も要チェックです。

デニムはやっぱりカジュアルコーデ

ボーダー×カーキは定番でしょ

デニム素材はやっぱりカジュアルコーデに似合います。ボーダーという柄、カーキという色などカジュアルなアイテムを取り入れると、定番のコーデに決まるでしょう。

wear.jp

カーキのワイドパンツならシルエットも旬になります。バケツ型バッグなど小物でも取り入れるとこなれ感もUPです。

ネイビー×グレーの知的カラーも忘れずに

wear.jp

スカートでのカジュアルコーデなら女性らしい雰囲気も作れます。ネイビーのパーカーやグレーのニットスカートなど、知的な色を合わせることでGジャンも大人コーデに。

スカートはCOOLに着こなして甘辛レディ

ふんわりチュールスカートは白黒に

辛めなGジャンと甘めなスカートを合わせた甘辛なコーデも大人の女性に似合います。ふわふわのチュールスカートは黒で、白のニットトップスと合わせてモノトーンコーデに。

instagram.com

きれいめなモノトーンコーデもGジャンを合わせるだけで、上品にカジュアルダウンできます。

タイトスカートはニットでほんのり色っぽい

wear.jp

タイトスカートで女性らしいラインを強調するのもステキです。ニット素材にすれば秋らしい暖かみも感じます。デニムジャケットと合わせてCOOLな女子コーデの完成です。

Gジャンがカラーを引き立たせてくれる

ボルドーニットで女っぽ

zozo.jp

Gジャンはベーシックな色なので、ほかのアイテムの色を引き立たせてくれます。深みのあるボルドーニットも色鮮やかに見せて、大人っぽく女性らしいコーデに決まるでしょう。

ベージュパンツでやさしげコーデ

wear.jp

やわらかな色のベージュワイドパンツを合わせれば、やさしい雰囲気になります。白ニットとのワントーンコーデも、Gジャンでほどよい抜け感を演出できます。

カーキスカートでこなれ感UP!

instagram.com

上品に魅せられるプリーツスカートは大人の秋コーデにも欠かせません。辛めな色にすれば甘くなりすぎず着こなせます。特にカーキスカートとGジャンを合わせるとこなれ感がUPします。

スタイルアップな着こなし術

ワイドパンツですっきりコーデ

この秋もワイドパンツが流行しています。しかし、着膨れしそうだと躊躇している方もいるのでは?それならコンパクトなGジャンを合わせるとスッキリとしたコーデにまとまります。

zozo.jp

特に黒やネイビーなど引き締め色にすれば、ワイドなシルエットでも細見せできます。

ニットワンピを足長に見せて

秋コーデではニットワンピが欠かせないアイテムです。タイトなシルエットなら女性らしいラインを強調して、ほんのり色気も感じるコーデになります。

wear.jp

さらに、Gジャンを合わせると腰の位置が高く見えて、足長効果があります。カジュアルダウンな着こなしで、休日のおしゃれさんになりましょう。

レイヤードスタイルで細見せ完成

zozo.jp

さらに肌寒い季節になったなら、デニムジャケットの上にさらにアウターを羽織りましょう。ロングタウターを合わせたレイヤードスタイルなら、細く見せられます。フレアスカートもスマートな着こなし完成です。

ぐるぐるマフラーで目線を上に

wear.jp

マフラーでしっかり防寒するためにぐるぐる巻きすると、小顔に見せられます。柄ありのマフラーなら目線が上がるので、下半身太りが気になる人にもぴったりです。

おしゃれコーデにはGジャンが欠かせない♡

wear.jp

デニムジャケットを着るだけでいつものコーデがトレンドになり、スタイルアップもできましたね。この秋はGジャンを中心にコーディネートを考えてみてはいかがでしょうか。

記事に関するお問い合わせ