無料の会員登録をすると
お気に入りができます

首のシワをセルフケア! 自宅でできる華奢で女性らしい首を作るマッサージ

ビューティ

悪い姿勢が、首を短くする!?

まっすぐにキレイな姿勢、すらりと伸びた長い首、それだけで美人に見えますよね。それが、スマホやパソコンを使う時間が増えると下を向く時間も長くなるので、背中が丸く猫背や巻き肩になり、気づくとなんだか首が短く見える…という状態に。

「筋肉は硬直すると縮まるため、両鎖骨からそれぞれ上に伸びている広頚筋(こうけいきん)がかたくなり、下に引っ張られるような状態になり首を短く見せてしまいます。すらりと上に伸びた首を作るには、まずは肩甲骨をしっかり下げて、広頚筋を上に伸ばすストレッチをしましょう。血流も流れやすくなり、すっきりとした首もとになりますよ」(川島先生)

首の土台を整えると、デコルテ美人になれる!

猫背の人に多いのが、首が前に出ている人。スマホやパソコンの見すぎで背中が丸まり、背面を使わないせいでこりかたまってしまいます。背中に脂肪がつきやすくなるだけでなく、筋肉が背骨を引っ張ってゆがみまで生じてしまうそう。「頚椎(けいつい)の7番」という、頭を前に倒したときにいちばん出ている首の骨がカギを握っているようです。

「頚椎の7番が正しい位置にあると、首に自然なアーチができます。ですが、スマホやパソコンなどを見るため下を向く時間が長い人は、頚椎の7番が後ろに出てしまい首がまっすぐになっている場合が多いんです。首が直線になるとあごが前に出て首も短く見えてしまいます。さらに、前側にある鎖骨が後ろに引っ張られてしまうため、鎖骨が引っ込んでしまっている人も。あごを引いて頚椎の7番を正しい位置に戻すことで、上にすらりと伸びた美しい首もとになれます。きちんと整えればほっそりとした首と同時にキレイなデコルテまで手に入りますよ」

<首を伸ばすストレッチ>

縮こまった広頚筋を引き伸ばしてこりをほぐし、細長く華奢な首もとを作りましょう。

右手の指を右鎖骨に置き、左手は右側のフェイスラインに置いたら、お互いを引っ張り合う。首の前側にある広頚筋がしっかり伸びるのを意識しながら、縮こまった首を鎖骨から引っ張り出すようなイメージで。30秒間キープしたら、反対側も同様に行う。

<キレイな首のラインとデコルテを作るストレッチ>

頚椎の位置を調整することで首のラインを整え、キレイな首とデコルテを作りましょう。

(1)タオルを丸める

フェイスタオルを端から少しずつていねいに丸めて、逆端を折り込んで、できるだけかたく凹みづらいボール状にする。ソフトボールくらいの大きさが理想。

(2)頚椎の7番の骨を探す

首の後ろをさわりながら、下を向くように頭を前に倒す。盛り上がっている首の根もとにある骨が頚椎の7番。首の後ろと肩が交わる部分を探すとみつけやすい。

(3)タオルの上にあお向けになる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ