無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエットにも効果的♡冷え症を改善する「温活習慣」7つ

朝起きた時、頬やお腹を触ってひやりと感じはじめたら要注意。体が冷えている証拠です。さっそく、日常の中で実施できる「温活習慣」をはじめましょう!

2016年10月
ライフスタイル

冷えは万病のもと!

秋も本番。もともと、通常体温が低めの方や低血圧の方には、つらい冬が近づいてきます。

冷え性は昔から「万病のもと」と言われ、肩こりや腰痛、頭痛など、いろんな身体の不調をおこすだけでなく、代謝も悪くなることから、ダイエットの敵でもあります。そろそろ、温活習慣をとりいれてみませんか?

①お水→白湯へチェンジ

朝起きてすぐ飲む1杯の水。とても健康にいいのですが、寒くなってきたら、白湯に切り替えていきましょう。

白湯は体にとても優しい飲み物。白湯を飲むと、内臓が温まってくるので血流やリンパの流れもよくなります。内臓温度があがると、代謝は10~12%あがると言われており、ダイエットにも効果的。

飽きない美容法はコレ!白湯の効果と飲み方をおさらいしよう♡

桜も咲き、本格的に春めいてきました。いよいよ春服の出番ですね。そこで気になるのがボディライン。冬服でごまかされていた二の腕やウエストにお洋服が悲鳴をあげていませんか?ダイエットと美容に効果的な白湯の飲み方と効果をおさらいしてみましょう。
3042

②朝食をしっかりと摂る

ダイエットで1日にとるカロリー量を減らしたいからと、朝食を抜いてはいませんか?

ご飯を食べると体温が上がり、代謝もよくなります。朝食を抜くと、体内時計が狂ってしまうほか、次の食事でカロリー摂取量が増えてしまう場合もあるので、要注意。

③「3つの首」は冷やすべからず

体温が低い方は、「首」「手首」「足首」の、3つの首を冷やしてしまっている場合も少なくありません。

外出する時はストールを巻いたり、ソックスを履くことをおすすめします。ハンドバスやフットバスで体を温めたり、就寝前に冷え性改善のストレッチをすることも効果あり!

④生姜の力で末端の冷えを解消

ショウガには、「ジンゲロール」と「ショウガオール」という代表的な成分が含まれています。

記事に関するお問い合わせ