無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1日2万回の呼吸が筋トレに変わる! ぽっこり下腹を凹ます「お腹やせ呼吸」

ビューティ

ぽっこりお腹が引っ込む! 「お腹やせ呼吸」って?

ふだん、あたりまえに行っている呼吸。その呼吸がやせ技になるなんて、うれしいけどどうしてだろう、本当にやせるの? と疑問に思いませんか。呼吸とやせボディにはどんな関係があるのでしょう。

「呼吸は人間が最初に取り組むトレーニング。私たちが生きている限り、1日に約2万回以上もそのトレーニングは続けられます。しかし、年齢とともに呼吸はどんどん乱れる一方。体にゆがみを招く生活習慣やストレスなどによって、筋肉がかたくなり動きが悪くなります。すると、そのかたい筋肉が呼吸をジャマして、呼吸が浅くなることが太りやすくなったり、不調を招く原因になります」(コンディショニングトレーナーの有吉与志恵先生)

日々の呼吸の良し悪しが、これほどまでに体に深く関わってくるとは、考えたことがありませんでした。
一度、大きく息を吸って、吐いてみてください。あなたは深~く呼吸をすることができますか?

「呼吸を司る横隔膜や、腹横筋などの呼吸筋とよばれる筋肉は、姿勢を安定させる筋肉の一部でもあります。お腹がへこまない人の多くは、お腹まわりの体幹の筋肉の収縮性が悪く、内臓を定位置に支えられないので、内臓が下がってお腹がぽっこり出ています。
呼吸をしながら内臓を支える筋肉の動きをよくするのがお腹やせ呼吸。腹筋運動だけでは鍛えづらい、今までじょうずに使えていなかった体幹の呼吸筋を使えるようになることで内臓の位置が正しい位置に戻り、筋肉のガードルで出っ張ったお腹を押さえられるようになるのです。内臓が常に正しい位置にキープできると、呼吸をするたびにたくさんの酸素がとり入れられて代謝が上がるので、どんどんやせやすい体に変わっていきます」

私たちは1日に約2万回の呼吸をしていると言われていますから、お腹やせ呼吸を身につければ知らず知らずの間にエクササイズができてしまうことになります!

お腹やせ呼吸の“5大効果”とは?

「呼吸をするとやせる大きな理由のひとつは、呼吸は“無意識の筋トレ”だということ。
私たちは寝ている間も呼吸をしていて、自然に筋肉運動を行っています。1分間に12~16回の呼吸を行うため、1日に約2万回以上も呼吸に使われる筋肉を動かしているのです。腹筋運動だって10~20回行うのも大変なのに、1日2万回も筋肉を動かしていると考えれば、やせそうな気がしませんか? まさに呼吸こそ最も身近で効果の高い筋力トレーニングです。
ただし、そのためには筋肉が正しく使われていることが条件。息を吸うたびに肩が上がったり、お腹が極端に出るようでは、筋肉は正しく使われていません。こういう呼吸の人こそ、やせづらい人。そんな人は、かたよった筋肉の使い方をリセットして、正しく筋肉を使えるようになれば、どんどん引き締まってきます」

筋肉を正しく使いながら行う、お腹やせ呼吸の5大効果がこちら!

<1>効率よく体幹の筋肉が整いお腹がぐんと引き締まる

正しく深い呼吸を行うことで、ふだんの生活では使いづらい、体幹の筋肉を効率よく刺激することができます。内臓の位置が正しい位置に戻り、下腹がペタンコに。筋肉が自然のガードル代わりになって、お腹の出っ張りを防ぐので、お腹全体が引き締まります。

<2>インナーマッスルが刺激されて血流が促進! 体が温まり脂肪燃焼体質に

体幹の筋肉が刺激され血液の流れがよくなるので、体が温まり、脂肪を燃焼しやすい体質に。

<3>背骨が整うことで自律神経のバランスがよくなり、不調が改善

正しい呼吸で背骨のゆがみが整うと、背骨の横を走る自律神経のバランスがよくなります。代謝や活動をつかさどる交感神経と、休息をつかさどる副交感神経のバランスが整うと、夜はゆっくり深く眠れ、昼間は精力的に活動ができ、ストレスや不調が改善!

<4>腸内のガスが出て腸の動きがよくなり、便秘が解消

呼吸筋を正しく使えると、内臓が本来の正しい位置に戻ります。すると内臓の血行がよくなり、とくに腸の動きが活性化。腸内のガスが押し出され、便秘も解消!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ