無料の会員登録をすると
お気に入りができます

クリスマスに向けて♡保存版「折り紙」で作る立体スター5選

あと2か月も経たないうちに、クリスマスがやってきます。秋冬のインテリアでも人気の、神聖なイメージのスターオブジェを、折り紙で作る方法をご紹介します。

2016年11月
DIY

クリスマスやインテリアアイテムで人気

立体的な星のオブジェは、ティンバーンスターを代表として、クリスマスやインテリアアイテムとして、女性の間でとても人気の高いアイテムです。

SHOPさんでは、木製やブリキなど、いろんな素材で販売されていますが、最近では、折り紙や画用紙を使って、自分で作り楽しむ方が増えています。

100均の折り紙でOK!

海外でも「origami star」「paper star」として人気の、折り紙で作る立体的なスターは、もちろん100均の折り紙でも作成可能!

今回ご紹介するのは、特に人気の5つのデザイン。お好きな柄をチョイスして、楽しみながら作ってみてくださいね。

①はさみぼし

まず1つめにご紹介するのは、1枚の紙だけでできる「はさみぼし」。

スター型にカットした紙に折り目をつけるだけなので、最も簡単な方法です。1つ作って型紙代わりにしておけば、幾つも作成可能です。

作り方はこちら♡

動画でチェック

折り紙で慣れてきたら、少し厚めの紙を使って作れば、パーティやウェディングアイテムとしても大活躍。裏面にカッターなど使って跡をつけておけば、折りやすくなりますよ。

②3Dスター

同じ型を2つ重ねて作る3Dスターは、簡単なのに立体的でおしゃれな形が魅力です。

まず、1枚の折り紙で十字のような形を作り、同じものをもう一つ作った後、ノリやボンドを使い、交差させて貼り合わせれば完成です。

記事に関するお問い合わせ