無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

家計に喝!貯金は月収の何%必要?マネー音痴さんにFPがアドバイス

結婚・出産・キャリアアップなど、人生の転機が一気に訪れるアラサー世代。ライフスタイルの変化とともに考えざるを得ないのはお金のことではないでしょうか。

LOCARIではマネーに関する新企画を全5回で実施!今回の相談者さんは結婚目前の女性。今の収支を踏まえて、ファイナンシャルプランナーの先生より家計アドバイスいただきました。

ライフスタイル

貯金があまりできていないようですから全体的に支出を絞る対策を取ることをおすすめします!

・固定費の削減
節約を無理なく続けていくためには、固定費の節約からとりかかるとよいでしょう。固定費とは、毎月決まった金額の費用で家賃・通信費・保険料などが当てはまります。

たとえば、実家の家賃の4万円です。ご結婚を予定されているとのことですが、このまま支払い続ける必要はあるのでしょうか?この支出がなくなればそのまま4万円を貯金に回すことができます。そのほか格安スマホに換えることで通信費を節約するのもいいでしょう。変更後のプランによっては半分程度の料金にすることも可能です。

・ローンの繰上げ返済
エステのローンは9月と11月に終わるとのことですが、できれば早めに終了させることを考えて。現在の貯金が8万円ですから貯金で繰上げ返済するのは難しいと思いますので、他の費目で節約できればその分でどちらかひとつでも返済月額を上げられるか確認してください。いくらか利息が軽減でき、無駄な支出を抑えられると思います。

保険料も見直しポイントかも!

保険料は節約したくないとのことですが、加入されている保険の内訳を見ると、医療保険に12,000円程度かけられているのではないでしょうか。今後のライフプランで妊娠、出産が訪れることを考えると保障をきちんと備えておくことは大切ですが、カナさんには不要な特約がついていたり、保障額が大きすぎるかも!

保障は「公的医療保険で足りない分のカバー」だと考えて下記を参考にしてみてください。

この機会に保障内容を見直して、保険料のスリム化を検討してみるといいでしょう。固定費の節約は金額が大きい分、一度見直すと毎月継続して支出が抑えられますよ。

※保障の程度は個人によって異なります。あくまで目安としてください。

②職場を変えずに、収入を増やす方法が知りたい!

kazuma seki / Getty Images

収入を増やす方に目を向けてみると、本業以外に副業としてたとえばクラウドソーシングなどで入力作業や経理関係の仕事、執筆の仕事などを探すのも◎。

・女性にはパソコン一つでできる副業がおすすめ
ネット環境があれば自宅でもできる仕事を手につけておくと、今後出産や育児などライフスタイルの変化が多い女性にとって強い味方となってくれるでしょう。

年間20万円を月に換算すると1万5000円程度の所得。まずは確定申告不要の範囲で副業を探してみては。月1万5000円ならできることが何か見つけられそうな気がしませんか?

③現在の外貨建て保険の他に、海外での定期預金はしたほうがいい?

Parinda Yatha / EyeEm / Getty Images

そして、最後に貯め方についてのアドバイスです。貯金は外貨だけでなく、日本円とバランス良くするようにしましょう!

・いざという時の日本円
外貨のみだといざ貯金を使う必要が生じるときに、為替の状況によっては損失を被る可能性もあります。海外旅行がお好きなら、海外旅行先で使える海外の定期預金をしておくのも悪くはないと思います。

しかし、たとえば病気などで働けなくなり収入が途絶えることがある場合、家計のために貯金を取り崩すことが必要になります。そのようなときには日本円で貯金があったほうが安心です。

貯金の目安を知っておこう!

上記が貯金額の目安になります(一人暮らしの方は月々の貯金額を月収の10%〜15%に)。

当たり前のことですが、支出を抑えて収入を増やすことで将来の貯蓄ができることを忘れてはいけません。カナさんはご結婚というライフイベントを控えられている今、お金としっかり向き合う第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

山本麗子先生プロフィール:
ファイナンシャルプランナーとしてFP事務所に勤務、ライフプランや保険相談などのキャリアを積む。お金の教養を高めて女性の内面から輝いてほしいという想いから、女性だからこその視点や経験をもとに実用的で役に立つ知識とお金についての正しい扱い方について伝えている。

第4回は4月中旬に公開予定!

全5回を予定しているLOCARIマネー相談室、第4回は4月中旬頃の掲載です。お楽しみに。

▼第1回と第2回もチェック!

マネー音痴34歳女性・仕事を辞めたい…「今の家計で働き方を変えて大丈夫?」

今年こそは貯金をするぞ!と思い立って早1か月…結局全然貯金ができていない、そもそも貯金って何をどうしたらいいの?と頭を抱えている方も多いのではないしょうか。 そこで、LOCARIではマネー音痴女性に捧ぐ新企画を実施!家計に悩みを抱える読者を募集し、ファイナンシャルプランナーの先生よりアドバイスをいただきました。
535

一生懸命やりくりしても家計はカツカツ。教育費って大学まででいくら必要?

貯金をしよう!と意気込んでもなかなかうまくいかない…特に子供にお金がかかる時期は予期せぬ出費もあり家計管理が難しいですよね。 LOCARIではマネーに関する新企画を全5回で実施!今回の相談者さんは3人の子供のママ。今の収支を踏まえて貯められそうなポイントをファイナンシャルプランナーの先生よりアドバイスいただきました。
480
記事に関するお問い合わせ