無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬がワガママになってしまう飼い方3つ!もしやっていることがあったら今日から意識してみて!

ペット

犬がワガママになってしまう飼い方とは?

自分の思い通りにいかないと、唸る、吠える、破壊行為を行う…これは典型的なワガママ犬です。犬がワガママになってしまうのは、基本的に飼い主の飼い方に原因があります。ここでは犬がワガママになってしまう飼い方を3つご紹介するので、当てはまっている方は早急に改善していきましょう。

1.愛犬のすべての要求に応じる

愛犬から「あれしてほしい」「これがほしい」とさまざまな要求が繰り出された際、皆さんはどうしていますか?可愛い愛犬だからとすべての要求に応じていませんか?

すべての要求に飼い主が応じてしまうと、「飼い主はなんでも言うことを聞いてくれる」と勘違いしてしまいます。最初は可愛い要求だったはずが、徐々にエスカレートし、要求が通らないと、吠えたり唸ったりと攻撃的な態度を見せるようになるのです。

2.悪さをしても叱らない

物を破壊したり、倒したりといたずらをしても叱らない飼い主は少なくありません。それは「愛犬が可愛いから」という理由が大半です。しかし、悪い事を悪い事として認識させなければ、当たり前ですが行為はエスカレートします。

また、「何をしても許される」と思い込んでしまうため、いざ「ダメでしょう」と取り上げたり、やめさせたりした時に、唸ったり吠えたりと反抗的な態度を見せるようになってしまうのです。

他にも飼い主の私物を自分の物にしてしまうなど、ワガママ行動を許してしまうと、「この家の者はすべて僕の物」といったように、ジャイアニズムを発揮することになります。犬がワガママになってしまう大きな原因です。

3.コミュニケーションが足りていない

中にはコミュニケーションが足りていないことで、飼い主の気を引こうとワガママになっている犬もいます。なかなかかまってあげる時間が無く、コミュニケーションを怠っているということはありませんか?

コミュニケーションが足りていなければ、犬と飼い主との間に信頼関係も生まれません。信頼関係を築いていなければ、「飼い主の言うことを聞こう」という思いも当然ながら生まれません。

この場合は、ワガママを直す以前に、まずは愛犬としっかりコミュニケーションやスキンシップを取り、お互いの信頼関係を構築することが急務です。

わがままな愛犬…改善するためには?

可愛いからとわがままを許してしまっていると、いざという時に困った事態を引き起こす恐れもあります。そうならないためにも、愛犬のわがままはある程度改善させる必要があります。

では、どのような改善方法があるのでしょうか。第一に、飼い主の意識改革が重要です。飼い主が「わがままを許さない」「甘やかしすぎない」と、強い覚悟と決心を持つことが最も重要で、難しいことなのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ