無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎日が忙しすぎるあなたへ!心に余裕が生まれる時間の使い方

ライフスタイル

毎日が忙しすぎる...。

仕事や家事、育児など、毎日が時間に追われている、という人が多いのではないでしょうか。そんな慌ただしい日々のなかでも、心の余裕を失わないように努めたいものですよね。

上手な時間の使い方って?

1日は24時間。これは誰しもが平等に与えられたもの。でも、時間の使い方によってグンと効率をあげることができるんですよ。その具体的な方法をみていきましょう。

3種類ある時間の使い方

実は、時間の使い方には大きく分けて3種類あります。まずは普段の過ごし方とぜひ照らし合わせてみてください。

①浪費=ダラダラと過ごす
②消費=食事、睡眠、生きていく上で欠かせないもの
③投資=勉強や習い事、将来のためになることに費やす

投資の時間を増やすと効率があがる

この3種類のうち、いかに③の投資時間を増やせるか。これが上手な時間の使い方の秘訣です。では、この「投資時間」を増やすための具体策をご紹介いたします。

もったいない時間を探してみよう!

ファーストステップは日々のなかでの「もったいない時間」を洗い出すこと。①浪費の時間を探してみましょう。

「もったいない時間」をリストアップする

人間はロボットではないので、作業の合間の気分転換や休憩だって必要です。でも、必要以上にダラダラしてしまったり、なまけてしまった時間が思い当たるなら、ノートに書き出してみましょう。

1つの作業にどれだけの時間がかかっているかを把握する

家事であるならば、掃除機や料理作り。子育てならばお風呂にいれたり幼稚園の送り迎え。仕事なら一つずつの作業を細分化などなど。1つ作業することにどれだけの時間がかかっているか、思い返してみましょう。

時間に追われている毎日だと、「あっもうこんな時間?」という風にあっという間に時が過ぎてしまいますよね。思いのほか1作業ずつのタイムスケジュールが、正確に把握できていない場合が多いはずです。

記事に関するお問い合わせ