無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

気まずさゼロ!彼を傷つけない上手なHの断り方

彼を傷つけずにHを断りたい!

女性にも疲れていたり、どうしても気分が乗らない夜だってあるものです。しかし、Hを断ると彼のプライドを傷つけそう…そう思って彼のお誘いを断ることができないという女性は意外と多いですよね。

pondsaksit / Getty Images

そこで彼の自尊心を傷つけず、上手にHのお誘いをお断りする方法をご紹介します♡

「女の子の日」なら彼も納得

Hできない理由が生理なら、仕方ないと納得する男性も多いものです。中には生理でも関係ないという強者もいるようですが、生理中のHは衛生的にも行わないのがベターです。

master1305 / Getty Images

実際に生理中にするよりも、生理ではないときに行うHのほうがお互いに気持ちいいものです。理解をしてくれない彼には、素直にそれを伝えるのもいいでしょう。鉄板な断り方ですが、何度も使わないように気をつけて。

体調不良を素直にアピール

体調不良も彼にHができない理由として、受け入れてもらいやすい理由の一つです。彼からお誘いがありそうだなと思う夜は、頭が痛い、体が重い、風邪気味…など、体の不調を素直に伝えてみましょう。

Carina König / EyeEm / Getty Images

理由を明確に示す方が、男性側も納得できるようです。しかし断るときには、彼とのHを拒否しているわけではないというフォローアップも大切です。「次はたくさんできるといいな♡」など一言加えるといいでしょう。

次回へのお楽しみ♡作戦

男性のお誘いを断る際には「明日仕事で早起きしなくてはいけないから…」ときちんと理由を明確にするほうが効果的ですが、男性の中にはそれだけでも不安になってしまう人もいます。

Tzido / Getty Images

「私もしたいけど、今日はダメ。次まで我慢して♡」と小悪魔的に彼に伝えてみましょう。これなら男性側も拒否ではなく焦らされているような気分になり、プライドを大きく傷つけられることがありません。また次回への期待も高まります。

特別感を出す

Hをする=2人にとって大切な日にしたい、と「2人の触れ合いの時間」を大切に考えているという想いを伝えてみましょう。特別に思ってくれているんだ、と拒まれても傷つかない男性も多いのではないでしょうか。

Povozniuk / Getty Images

いざというときに備えて、スペシャル演出を考えるのも楽しいと感じる人もいるようです。2人の記念日やそれぞれの誕生日など、「特別なとき」がいつなのか、明示してあげるといいかもしれないですね。

記事に関するお問い合わせ