無料の会員登録をすると
お気に入りができます

待ってました♡本日ユニクロ「2016年秋冬カリーヌ・ロワトフェルドコレクション」発売!

毎回大好評のユニクロとカリスマファッションエディター、カリーヌ・ロワトフェルドとのスペシャルコラボレーション。本日11 月 11 日(金)、3シーズン目となる待望の「2016年秋冬 カリーヌ・ロワトフェルドコレクション」が発売になりました。そこで最新コレクションより注目アイテムをピックアップしご紹介します!

2016年11月
ファッション

待望のユニクロxカリーヌ最新作

最先端のトレンドを生み続けるカリーヌ

フランス版VOGUEの編集長を経て、現在は自身で立ち上げたCR Fashionの編集長を務めるカリーヌ・ロワトフェルド。数々のトップブランドのキャンペーンに携わり、常に最先端の流行を発信し続け、ファッション界で絶大な影響力を誇ります。

CR Fashion Book
カリーヌ Instagramアカウント

そんなファッション業界のカリスマとユニクロのコラボレーションは、もちろん発売の度、話題沸騰!3シーズン目となる2016年秋冬コレクションもカリーヌらしいシャープなシルエットのアイテムが揃います。

カリーヌの独自の世界観が凝縮!

instagram.com

コレクションの発売に先駆け、ユニクロは11 月 4 日(金)東京ミッドタウンのショールームでファッションショーを開催。会場や音楽、演出までカリーヌの世界観を表現し、会場に駆けつけた多くのファッション誌編集者やモデル、インスタグラマーを魅了しました♡

今シーズンは、カリーヌ自身のスタイル「マスキュリンとフェミニンのコントラスト」が効いたコレクションを展開。ショーの動画からもカリーヌ独自の世界観をぜひご堪能ください!

最注目はコート!

冬の凛とした気分を加速させてくれる♡

めっきり寒くなりコートを探している人も多いですよね。そんな方に今シーズンのユニクロxカリーヌのコートはイチオシ!冬のパリをシックなコートを着て颯爽と歩く姿が美しいカリーヌ。袖を通すだけでそんなカリーヌになりきれる大人女子にピッタリのコートが揃っているんです。

清々しい気分になれる、空気が澄んだ冬の日。ユニクロxカリーヌの美シルエットコートならそんな凛とした気分をさらに加速させてくれます!オススメのコート4つをまとめご紹介しましょう。

1、ウールブレンドコート

ウエストがシェイプされ、後ろ姿はふんわりとボリューム感あるフェミニンなシルエットのコート。意外に何色にも合わせやすいオリーブカラーもお洒落です。

色違いでブラックも。シックとエレガンスが際立つブラックは、どんな女性も美しく強く魅力的に演出します。カリーヌが愛するレオパード柄のイミテーションファーのマフラーをアクセントに。

http://www.uniqlo.com
商品詳細はこちら

2、ツイードコート

ウールブレンドコートとは対照的にメンズライクな印象のツイードコートも登場。すっきりとしたストレートなシルエットがカリーヌっぽくマニッシュな雰囲気を醸し出します。

www.uniqlo.com

ショー会場に駆けつけた人気インスタグラマーKiyさんとモデルの里見茜さんもツイードコートを試着しお気に入りの様子。パンツでクールにまとめてもスカートと合わせてフェミニンな要素をプラスしてもどちらとも好相性です。

商品詳細はこちら

3、ネオレザーコート

レザーウェアも愛用するカリーヌ。定番のトレンチならレザーも取り入れやすく、さらにネオレザーなら価格もお手頃でお手入れも簡単。

バックラインも、細部まで女性らしいカッティングを施し美しいシルエットに仕上がっています。

www.uniqlo.com
商品詳細はこちら

4、ウールブレンドケープコート

ケープコートもカリーヌ風だとこんなにエレガントに。柄物のワンピースにさらっと羽織るだけで大人可愛く今っぽいコーデが完成します。

サイドからのシルエットも抜かりなく完璧な美しさ。ふんわりした柔らかく上品な印象です。

www.uniqlo.com
商品詳細はこちら

他にも魅力的なアイテム満載

商品ラインナップは、全46型。ボウタイ付のカシュクールブラウスやバイカージャケット、タイトスカートなど、パワフルかつエレガントな女性像を表現したアイテムが満載。レースタイツやバッグなどアクセサリーも全てカリーヌの考える、新しい女性像の理想のワードローブが揃います。

instagram.com

「2016年秋冬 カリーヌ・ロワトフェルドコレクション」は日本国内限定12店舗、ユニクロ オンラインストアにて本日から販売中です。ユニクロxカリーヌなのでもちろんコスパも最高。ぜひいち早くチェックしてみてくださいね!

「カリーヌ・ロワトフェルド」スペシャルウェブサイト
記事に関するお問い合わせ