無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ずっと一緒にいて?誰もが羨ましがる「長続きカップル」の鉄則

恋愛・結婚

大好きな彼と付き合うことになったなら、いつまでも仲良くラブラブでいたいですよね。
でもなぜかすぐ別れることになってしまう…という経験はありませんか?

長続きするには鉄則があるのです。
今回は誰もが羨ましがる「長続きカップル」の鉄則を紹介します。

(1)感謝の気持ちを忘れない

『感謝がないといいように使われているみたいな気持ちになる』(30歳/販売)

相手に感謝の気持ちを持つことが、長続きするためには必要です。
付き合いが長くなってくると、自然とカップル間で「これはあなたの役目」などルールができてきます。

そうなると「やって当たり前」という感覚になり、感謝の気持ちを忘れてしまいがち。
ルールを作ることは良いことですが、何かをしてもらったらきちんと言葉で感謝の気持ちを表すようにしましょう。

(2)嘘や隠し事をしない

『嘘をつかれると、相手のことを完全には信じられなくて、どこか疑ってしまうようになる』(28歳/教員)

嘘や隠し事はいずれどこかでバレてしまうもの。
バレてしまったら、信頼関係は一気に崩れてしまいます。

一度壊れた信頼の修復は難しいため、長続きカップルは日頃から嘘をつかないように心がけているのです。

また、嘘をついていると恋人の前で自然体でいられませんよね。
一緒にいることが窮屈になってしまうのも別れる原因の1つになります。

(3)自分の気持ちには正直になる

『意見をちゃんと言い合えるほうが一緒にいて楽ですね』(32歳/技術職)

相手のことを考えてグッと自分の気持ちを押し殺してはいませんか?
でもそのストレスがどんどん大きくなって、ある日突然爆発してしまう…なんてことありますよね。

長続きカップルは我慢したりせずに、なるべくその場で自分の気持ちを伝えています。
お互いの意見を伝え合って、お互いを理解していくことで良好な関係を築いていくことができるのです。

(4)一人の時間も大事にする

『今日は一人でいたいという時もあるから、それをわかって欲しい』(26歳/営業)

大好きな恋人と四六時中一緒にいたいと思うは当然のこと。
でも長続きするためには適度な距離感が大切です。

常にべったりそばにいるのではなく、お互いがそれぞれの時間を持つことで、相手と過ごす時間の大切さがわかるのです。
お互いが一人の時間を楽しみ、自立しているということが長続きの鉄則なんですね。

誰もが羨ましがる「長続きカップル」の鉄則4選はいかがでしたか?
付き合っている彼氏がいたら、彼への言動を見直してみるのもいいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ