無料の会員登録をすると
お気に入りができます

二次会からのお呼ばれに♡もう迷わない二次会の服装マナー

ファッション

披露宴=二次会の服装は間違いです!

itakayuki / GettyImages

披露宴にお呼ばれしたら、いろいろ縛りがある中でもオシャレがしたいと思うのが世の女性。Locari読者のみなさんならマナーをしっかり守りつつ、きっとオシャレを楽しんでいる事でしょう♡

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

でも二次会からお呼ばれした時ってどうですか?披露宴と同じで大丈夫でしょ!なんて考えは間違いなんですよ。二次会からの参加なら二次会の服装ルールを把握して、披露宴とは違ったオシャレを楽しみましょう!

二次会の服装マナーちゃんと知ってる?

二次会に招待されると「平服」という言葉をよく見聞きすると思います。これ、カジュアルでOKということではありませんよ!ここを勘違いすると、当日大恥をかいてしまうので気を付けて下さいね。

vivaluxury.blogspot.com

「平服」とは「略礼服」の事。分かりやすく言えば、「高級レストランに行っても恥ずかしくない、少しカジュアル寄りのフォーマル」といった感じ。とは言っても、なかなか難しいですよね。ポイントは会場がどこか。これさえ抑えておくと良いんですよ。

服装選びで抑えるべきは二次会の会場!

まずは基本のマナーについて

基本的な事ですが、当然のことながら二次会の主役も新郎新婦です。いくら「二次会」「平服」と言っても、新婦のウェディングドレスを思わせる白っぽいドレスやお葬式を連想させる真っ黒コーデはNG!もちろんファーや生花も避けましょう。

ホテルなど厳格な場で行われる場合

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

挙式を行ったホテル等で行われる場合は、披露宴から参加する人も多いので挙式に参加できる様な服装が無難です。ただし、チャペルに入るわけではないので、夜の二次会なら肩出しドレスでも大丈夫ですよ。

www.doresuwe.com

厳格な場で行われると言っても夜は昼に比べドレスコードが緩いので、控えめな露出ならOKです。いつもより気持ち丈の短いスカートにしたり、高めのヒールで女性らしさを出してみるのも二次会ならでは。ただし生足はNGです!

記事に関するお問い合わせ