無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これで大掃除も怖くない!プロが実際に使っている道具4選

少しでも楽に綺麗に年末の大掃除を済ませたいあなたに!「ヒルナンデス」でお掃除のプロとして登場する4人全員が使っているお掃除道具を4つご紹介します。

2016年12月
ライフスタイル

今年も一年の締めくくりは大掃除

年末の大掃除って憂鬱ですよね。普段は行き届かない家の隅々の掃除をするってことは、つまり1年間放置されていた汚れを取るということ。1年も置いておいた汚れはとっても頑固でなかなか落ちないですよね。

instagram.com

大掃除は少しでも楽に済ませたいのがみんなに共通の本音だと思います。簡単に綺麗にする方法はやっぱりプロに聞くのが一番!ということで、プロがお勧めするお掃除道具4選で年末の大掃除を楽に済ませましょう♡

お掃除のプロ

ヒルナンデスに登場した4人のお掃除のプロをご紹介します。
1)大津たまみさん:アクショングループ  CEO 
2)木村由依さん:クリスタル ミューズ 代表 
3)西田初枝さん:ピュアレディスライフ 入間店 店長
4)植田照夫さん:ベスト 株式会社  代表取締役

1)頑固な水垢に!耐水ペーパー

頑固な水垢の原因は水道水に含まれているカルキや塩分、カルシウムなどのミネラルです。毎日使う蛇口などにも白く跡が残ったりしますよね。あの汚れをずっと放置しておくと、硬くなって簡単に落ちなくなります。

pixabay.com

洗剤とタオルやスポンジでこすっても、落ちなかった経験はありませんか?そんな汚れを落とすのにプロがお勧めするのは耐水ペーパーなんです。紙やすりのような素材で汚れをそぎ落としてくれます。

www.yodobashi.com

目の細かい素材(2000番)を使って力を入れずに優しくこすりましょう。目が大きいものや、細かくても強くこすってしまうと傷がついてしまうのでご注意ください。ネットやホームセンターで購入可能です。

耐水ペーパーはこちら

2)お風呂汚れにはバスボン1つだけ♡

お風呂掃除は掃除する箇所によって利用している掃除道具を変えている方がほとんどだと思います。バスタブはスポンジで、床はブラシなどめんどくささが倍増ですよね。おまけに収納にも困ってしまいます。

でも本当に必要な道具は1つだけ。プロも絶賛する万能な道具が「バスボンくん」です。丸くふわふわしているバスボンくんは、ポリプロピレン製の網目状繊維でできているので浴槽などを傷つけることなく洗えます。

instagram.com

なんと洗剤いらずでお風呂場全部掃除できちゃうんです。抗菌加工がされているのでずっと清潔。洗剤を使う場合でも泡立ちがとってもいいんです。また柄の部分が長いので天井までお掃除ができます!

バスボンくんはこちら

3)隅のホコリも残さない、ハケが優秀!

ホコリは毎日掃除機で吸い取っているけど、年末の大掃除は普段できない隙間のホコリ取りもしたいですよね。例えば窓のサッシ。見て見ぬ振りをしていたけれど、ホコリや砂などが入り込んでしまっていませんか?

濡れ雑巾で拭いてみても端っこのホコリは取れないし、そもそも届かなくてストレスですよね。プロが使用するのはなんとお掃除道具ではなくてペンキ用の刷毛なんです。

毛が多くてコシがあるものを使うとしっかりホコリをかき出してくれるんだとか。自分の手で持ちやすいものが使いやすいので、選ぶ際は一度持ってみるといいそうですよ。ハケを使うなんて目からウロコですね。

ペンキ用のハケはこちら

4)油汚れはメラミンスポンジにお任せ

どうしても取れないベトベトの油汚れは最近流行りのメラミンスポンジが有効です。あの頑固な油汚れを洗剤も使わず、水に濡らしただけで落としてしまうというスポンジの威力に多くの人が驚いたと思います。

プロもやっぱり手放せないんだとか。今では種類も豊富でどこでも取り扱いがある人気商品ですよね。100均でも可愛いオバケの形をしたメラミンスポンジが話題となりました。

instagram.com

やはり根強い人気を誇るのはLECの「激落ちくん」です。売り上げはずっと不動の1位で、商品もどんどん進化しています。しつこい油汚れにメラミンスポンジだけでは不安な方にはセスキ炭酸ソーダ入りの商品などもありますよ。

www.lecinc.co.jp
激落ちくんはこちら

大掃除も楽々!綺麗な空間で新年を迎えよう

いかがでしたか?ちょっと憂鬱に思っていた大掃除もこの4点があれば、いつもより楽に終わりそうな気がしませんか。例年より家をピカピカにしてすっきりした気持ちで一年を始めましょう♡

記事に関するお問い合わせ