無料の会員登録をすると
お気に入りができます

古歯ブラシは「への字ネック」と「毛先カット」で変身させると、掃除が劇的にラクに!?

ライフスタイル

使い古した歯ブラシを掃除に活用しているかたは多いんじゃないでしょうか?

隙間や角などでも小回りがきいて掃除しやすく便利ですよね。もちろん、そのままの形でも十分に使える古歯ブラシですが、少し手を加えて形を変化させることで、より使いやすくなるんです。

そこで今回は使い終えた古歯ブラシにプラスしたい、ひと工夫についてお伝えしたいと思います。

古歯ブラシはひと工夫加えて使いやすく

それではさっそく工夫のポイントについて解説!

歯ブラシを熱湯に入れ、上からグッと押さえつけます

するとこんな感じで「への字ネック」に!

まずは歯ブラシの首部分を曲げて「への字ネック」をつりましょう。狭い隙間にも入り込みやすくなり、隅までしっかり掃除できますよ。

え? 歯ブラシを曲げるなんて難しそう??いえいえ、じつは簡単。熱湯を入れたコップに歯ブラシを入れ、上からぐっと押さえるだけ。

ただしヤケドしないようご注意くださいね。

歯ブラシの毛先が開いている場合はハサミを使ってカットして使いましょう。

基本は開いた毛先をまっすぐカットしますが、山型にカットすると隅や角にフィットしやすく、とくに細かい部分を掃除したいときにおすすめです。

古歯ブラシはいろんな場所の掃除に活躍!

ひと工夫プラスした古歯ブラシは、家じゅうさまざまな場所の掃除に活躍します。使い終えたら心置きなくポイっと捨てられるのもうれしいですよね。

よく使う場所にひとつ常備しておけば、汚れが気になるときにサッと取り出せて便利。歯ブラシならコンパクトで場所も取りませんよね。

細かいパーツの多い蛇口まわりの掃除は小回りのきく古歯ブラシがぴったり。手が届きにくい蛇口の後ろ側も「への字ネック」でスイスイお掃除できますよ。

ホコリがたまりやすい巾木の上や窓のレール部分は、乾いた古歯ブラシで掃除するのがおすすめ。濡らしてしまうとホコリがよれて取りにくくなるのでご注意を。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ