無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ゾクゾクさせてよ…♡男が実は求めてる「舐めてほしい箇所」4つ

男性の体を「舐める姿」はとてもセクシーで魅力的。
男性が望む個所へ的確にアプローチできれば、彼の満足度も高まるでしょう。

今回は、男性が実は求めている「舐めてほしい箇所」を4つご紹介していきます。

(1)耳たぶ

『耳たぶ噛まれるのが好きでなかなか分かってもらえないのが悩み……』(29歳/飲食)

耳元を舐められるとゾワッとしませんか?
耳は敏感なパーツだからこそ、強い性感帯へと変わる可能性を秘めています。

彼の耳たぶをハムっと咥えてから、ペロリと舐めてみましょう。
「甘噛み」のニュアンスがたまらなく興奮させるはずです。

(2)指

『この前て指をフェラされたんだけど病みつきになっちゃった』(31歳/製造)

「指」もとても敏感なポイントです。
手の指を舐めれば「まるでアソコを舐めているような妄想」が膨らむように。

足の指を舐めれば「男性の征服感を刺激する効果」が期待できます。

舐めている時は、時折チラリと男性に目線を向けるのがおすすめです。
その方がセクシーな印象になりますよ。

(3)先っぽ

『手コキから先っぽだけペロペロってされるのがお気に入り』(26歳/営業)

彼のアソコを舐める時には、敏感な「先っぽ」を丁寧に攻めるのが重要。
舌先をひっかけるように刺激したり、キャンディーを食べるように優しく舐めまわしたり、舐め方に変化を付けましょう。

上限にピストンする動きも大切ですが、「先っぽ」を舐める際の刺激は、女性にしか再現できないため特別感があります。

(4)腰

『乳首から腰を経由してフェラされたいです』(26歳/企画)

「焦らし」のテクニックとして、彼の腰周りを舐めるのもおすすめ。
首元・乳首・腰と舐める場所が移れば、男性は「次はアソコ?」と期待してくれます。

丁寧に腰回りを舐めて、「舐めてほしいの?」というニュアンスの目線を向け、しっかり焦らしてから、アソコへアプローチしましょう。

「舐めてほしい」と思いながら、素直に希望が伝えられない男性は少なくありません。
女性からアプローチをして、彼の気持ちに応えるようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ