無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猫が腹見せする理由6つ!お腹を撫でるのはNGって知ってた?

愛猫がいつも一緒にいる飼い主さんに対して心を許したかのようにゴロンと腹見せをすることがあるかと思います。無防備な姿はとても可愛く、このときにしか見られない猫のモフモフとしたお腹をついつい触りたくなります。しかし触ろうとすると急に怒って噛んできたり、足キックしてくることがあり、猫のお腹を触ることは実はNG行為なのです。今回はなぜ猫のお腹を触ってはいけないのでしょうか?また猫が腹見せをする理由なども一緒にお話ししたいと思います。

ペット

猫の腹見せは信頼されている証拠とは限らない?

猫がゴロンと腹見せしている姿は、惚れてしまう程とても可愛く、一般的には飼い主さんのことを信頼している証ともいわれています。

しかし猫は単独で生活する習性であることから警戒心が強い生き物です。猫にとってのお腹は急所であり、一番ダメージを受けやすくお腹を見せることは負傷する危険性がつきまといます。

胸部で肋骨で守られていますが、腹部は骨がないため敵に狙われやすい場所でもあるのです。そのため猫が飼い主さんに対して腹見せをしていても、必ずしも信頼されている証とはいいきれず、触らせてくれるとは限らないです。

では、実際にどんな意味や理由から腹見せをするのでしょうか?

猫が腹見せするをする理由6つ

飼い主さんのことを信頼している

猫にとってお腹は急所であるため、お腹を見せる行動は相手のことを信頼している証でもあります。ですが猫は犬のように服従心から腹見せをすることはないので、降参の意味ではないようです。飼い主さんや同居猫に対して信頼感があれば、急所であるお腹を見せてくれます。

安心している

猫は警戒心が強い動物です。動物病院など慣れない場所や不安感や恐怖心を抱いているところではお腹を見せることはなくジッとしていますが、家の中など自分が安心する場所やテリトリー内では身の危険性がないため、安心感からお腹を見せます。

また猫は窓際で日向ぼっこしている時など、リラックスしているときも腹見せしていることがあります。

甘えている

猫がゴロゴロと喉を鳴らしながら腹見せしていたり、体をクネクネさせて飼い主さんを見つめているのは、甘えているときに見られます。猫にとって飼い主さんは母猫のような存在ですので、子猫の頃のような気持ちにもどって腹見せをして甘えているのです。

かまってほしい

飼い主さんの気を引こうと、わざと目の前でゴロンと腹見せをしているときは「自分を見てほしい!」「かまってほしい!」というサインかもしれません。

猫はマイペースな性格で1人でゆっくり過ごしたいときもありますが、やはり寂しく、大好きな飼い主さんにかまってほしいときもあるのです。

また撫でてほしかったり、遊んでほしいという欲求から腹見せをすることもあります。普段なら嫌がるお腹を撫でさせてくれるので、かまってあげましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ