無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知っておきたい贈り物マナー。ママ友や先生に贈る時は?

ライフスタイル
www.gettyimages.com

お祝いや日頃の感謝、お礼の気持ちを込めて渡したい贈り物。できるだけ相手に喜んでもらえるように、失礼がないようにと思うと、マナーが気になりますよね。今回は相手別・シーン別の贈り物のマナーについて、マナーコンサルタントの中川裕美子さんに紹介してもらいました。

お礼のしかた、お返しは? お土産をもらったときのマナー

中川裕美子
マナー&コミュニケーション講師。
OL時代に役員秘書を担当し、儀礼手配に勤しむ日々を過ごす。現在は、おもてなしの教育を担当。

SONORI

贈り物マナーの基本

贈り物をするときには、基本として「心構え」「品選び」「留意点」の3点を大切にしましょう。この3つは誰に対しても、どんなシーンでも共通するポイントとなります。

【心構え】贈るときのキーワードは「こころ」

品物を贈るときに最も大切なことは、「こころを贈る」ということです。相手にどのような思いや気持ちを届けたいのか。品選びの前に、自分の気持ちを整理しておくと良いでしょう。

【品選び】「より良い関係づくり」になる品を

より良い関係となるように、品選びをしましょう。品物を選ぶときには以下のような点を大切するとよいですね。
・相手が困惑しない程度の品であること
・自慢につながるようなものはNG
・見栄張と思われるようなものはNG
・ケチ(お金を惜しむ)はNG

【留意点】相手と周囲との関係に、十分な配慮を

贈り物をするときには、関係する人、周囲の人へ事前に伝えておくとよいでしょう。「相談なしに一人で贈るなんて!」といったような誤解や悪評を避けられます。また、相手に渡すタイミングも気を配りたいところです。

ママ友への贈り物マナー

ここからは、相手とシーン別に贈り物マナーをご紹介します。まずは、ママ友へ贈るときについてです。

日頃のおすそ分けやお礼をするとき

「日々の信頼関係」が続くように、親しみと感謝の気持ちを贈り物に託すと良いでしょう。おすそ分けをするときには、「返却不要の入れ物で贈る」「お返しに相手が悩まない程度の品にする」「お返しを期待しないで贈る」のがコツです。

土産品をお渡しするとき

相手と相手のご家族にも配慮するのが基本です。「相手のご状況やアレルギー、苦手な品などに配慮する」「自慢となるようなお土産はNG」「悩むようであれば、お菓子や飲み物等で小分けにできる品にする(相手が扱いやすい)」などが気をつけるポイントとなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ