無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知らないとマズい?令和2年4月以降に「変わる制度やルール」とは

ライフスタイル

2020年4月から暮らしが変わります!

知って損なしの制度をチェック

いよいよ新生活が始まりましたね。新年度ということで、2020年4月から暮らしに関わるさまざまな制度が新しくなることをご存じでしょうか。

shironosov / Getty Images

今回の記事では、ロカリ読者も知っておいて損がない、これから始まる暮らしの変化をご紹介します。

働き方

同一労働同一賃金

正社員と非正規雇用では、同じ時間働いても賃金など待遇に差があるのが現状…。その待遇差をなくそうというのが同一労働同一賃金の新制度です。

Klaus Vedfelt / Getty Images

ガイドラインができ、パートタイム・有期雇用は大企業で2020年4月から、中小企業では2021年4月から、派遣は2020年4月から同一労働同一賃金を始めることになりました。

nd3000 / Getty Images

具体的にどんな待遇差がなくなるのかも解説!ガイドラインでは、基本給やボーナス、手当、福利厚生、キャリア形成・スキルアップのための教育訓練などを正社員と同一にするよう定められています。

同一労働同一賃金特集ページ |厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144972.html

中小企業でも時間外労働の上限規制導入

働き方改革の一環として、今までは無制限だった時間外労働で、上限規制が導入されることになりました。大企業では2019年4月から始まり、中小企業でも2020年4月から始まります。

Halfpoint / Getty Images

残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間未満。時間外労働全体では月100時間未満、年720時間以内となっています。違反した場合は罰則が科せられることも。

PrathanChorruangsak / Getty Images

無理をする働き方が減るというメリットもある一方で、残業代で助かっていた人にとっては経済面での不安もあるようです。

時間外労働の上限規制 | 働き方改革特設サイト | 厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/hatarakikata/overtime.html
記事に関するお問い合わせ