無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自粛中のストレスをリフレッシュ! イライラを鎮めるヨガポーズ&ストレッチ

美容

蓮華座のポーズ

ヨガの瞑想ポーズのひとつ。ポーズに集中することで、イライラや興奮をしずめます。両足を脚のつけ根に乗せるため、足がしびれにくく、あぐらより集中しやすい“瞑想ポーズ”。

<やり方>
床に座り、両脚を前に伸ばす。右ひざを曲げ、右足を左脚のつけ根に乗せる。
続いて、左ひざも曲げて、左足を右脚のつけ根の上に。両腕は下ろし、親指と人さし指の先をつけて、手の甲をひざにつけます。目線を少し下げ、ここで5呼吸。
背中は「まな板」をイメージし、背骨をまっすぐに。お腹は背中に近づけるように引き上げ、肩は上げず、耳と肩の距離はできるだけ長く保ちましょう

魚のポーズ

イライラしたときに、詰まりがちなのどや閉じがちな胸。「魚のポーズ」で、伸ばしたり開いたりすることで、深い呼吸を促します。頭頂部を床につけて頭を逆さにするため、頭に血液がめぐり、リフレッシュ効果も期待!

<やり方>
床にあお向けになり、両脚をそろえる。手のひらを床に向け、両手をお尻の下に置く。ひじと手のひらで床を押し、上体を反らす。肩甲骨を寄せ、胸を大きく開いて。のどをしっかり伸ばし、頭頂部を床につける。頭頂部がつかない人は後頭部でもOK。ここで5呼吸。

頭頂部ほぐしのポーズ

リラックス効果のある運動。首を傷めないように注意しながら、気持ちよい範囲で好きなだけ行ってOKです。

<やり方>
両手、両ひざ、両方のつま先を床につけます。
両ひじを曲げて頭頂部を床につけ、体を前後左右にゆらしながら、頭のてっぺんをほぐしましょう。

外出自粛でストレスがたまりがちな日々に、体と心をリフレッシュできるヨガやストレッチをとり入れて、つらい時期を乗り越えましょう!

<監修者>
花田 美恵子
タレント、ヨガインストラクター。「Olive」の読者モデルなどを経て、客室乗務員に。結婚、出産後も「Mart」の専属モデルとして活躍。2009年より、子どもとともにハワイに移住。ヨガを12年続けたのち、2015年には全米ヨガアライアンス公認RYT200の資格を取得。ハワイのカハラホテルで定期的に指導を行っている。日本帰国時にも、ヨガ講座での指導やタレント活動を行う。1男3女の母。

山本 華子
ヨガ&フィットネス講師。スタジオBeet代表。指導歴23年。1974年広島生まれ。日本女子体育短期大学舞踊専攻科にて世界の舞踏やダンス、体の基礎知識などを学び、卒業後はフィットネス講師となる。30歳のときに体調を崩しヨガ講師に転向。それらの経験を生かした指導力やヨガ、フィットネス、東洋医学など幅広い知識が好評で多くの人々の支持を得る。

イラスト/しおたまこ 文/FYTTE編集部

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ