無料の会員登録をすると
お気に入りができます

顔の形別でやり方が異なる!? 目的&効果別の「表情筋エクササイズ」で魅力UP♡

「表情筋エクササイズをやっているのに、効果がイマイチ…」と嘆いていませんか?実は、輪郭や顔の形によって表情筋の鍛え方も異なるのです。今回は、まずセルフ顔面診断で顔の形をチェックし、さらに顔の形別に効くエクササイズ法をご紹介したいと思います。

2016年12月
美容

顔の形によってマッサージ法が違う?

目やたるみなどを気にして顔のマッサージに励んでいる方も多いはず。確かに、表情筋を鍛えることで、本来の美しさを取り戻すことは可能ですが、顔の形によって表情筋のつくりも様々。

顔の形を変えることはなかなか難しいですが、自分の顔の特徴をしっかりと理解して表情筋を鍛えれば、欠点を補いながらさらに魅力アップする事は可能!今日から、顔に合わせたエクササイズに切り替えていきましょう。

どのタイプ?顔面診断で顔の形をチェック

顔の形は、主に卵型・丸型・面長型・三角形・四角形の5つ。顔形の測り方は、眉と口を結ぶ縦線の長さと、口を軸として延長した幅の割合で測ることができます。自分がどの形なのか定規などでチェックしてみましょう。

①縦横1:1 卵型

卵型顔は眉から口までのラインと顔の横の長さの割合が1:1になっているのが特徴で、理想の顔型または標準の顔型とも言われています。卵のような美しいフェイスラインが最大の特徴です。

②縦横2:3 丸型

丸型顔はやわらかで優しい印象を持たれ、親しみやすい形でもあります。全体的なラインが丸みを帯びており、ふっくらとして可愛らしい印象を与えますが、それと同時にやや幼く見られてしまいがち。

③縦横3:2 面長

面長は顔全体の曲線が少ないため、落ち着いた印象を与えがち。日本人の中で最も多い顔型とも言われ、顔の長さとシャープなあごが特徴的です。大人っぽい印象でおとなしい雰囲気を感じさせます。

④縦横3:2 三角形

三角形は面長と同じ比率ではありますが、見分け方はあごが尖ってシャープかどうかがポイント。また、頭のハチが張っているので、顔の横幅が広く見えてしまうことも。知的でスマートな都会的な雰囲気が特徴です。

記事に関するお問い合わせ