無料の会員登録をすると
お気に入りができます

加湿器高いんだもん。節約しながら部屋を「うるうる」にするお手軽テク♡

「乾燥対策はしたいけど、加湿器は高い。でも、オフィスに買うわけにもいかないし… 」と悩んでいませんか?加湿器を買わなくたって部屋をしっとり潤すことはできるのです。今回は、節約しながら手軽に加湿出来る方法をご紹介します。

2016年12月
節約・マネー

電気を使わなくたって加湿できる♡

冬になるとどうしても気になってくる「乾燥」。喉を痛めたりお肌がカサカサになってしまう方も多いのでは?だからといって、すべての部屋に加湿器を置いてフル稼働させるのも電気代が気になってしまいますよね。

しかし、加湿は加湿器を使わなくても十分に部屋を潤すことができちゃうのです。電気代をかけずに部屋を加湿するとっておきの方法を、今回ご紹介したいと思います。

快適な湿度ってどれくらいなの?

湿度40~70%の間を目安に

湿度は高ければ高いほど良いというわけではありません。湿度70%を超えると多湿状態になってカビやダニが発生しやすくなる場合も。

また、湿度が40%未満になると、インフルエンザの菌が繁殖しやすい状態に。一般的にマンションは気密性が高いため、加湿器がなくても50%を超えていることがあります。一度、湿度計でチェックしてみましょう。

氷水を入れたコップで乾燥度合いが分かる

氷水をいれたガラスもしくは金属製のコップを部屋において、コップの周りに水滴がつけば、その部屋はほどよく湿度がある状態。しかし、2,3分経っても水滴が付かなければ部屋は乾燥している可能性が高いでしょう。

電気代0円!加湿器なしで湿度を上げるテク

①お湯を入れた容器を用意する

手軽に加湿したい方にオススメなのが、バケツや洗面器などにお湯を入れて加湿する方法。また、デスク周りには、大きめのコップにお湯を入れて置いておくだけで簡単にお肌や喉を潤すことができます。

②スポンジに水を含ませる

主に小さな部屋で効果を発揮してくれるのが、水に浸して軽く絞ったスポンジを置く方法。スポンジはどんなものでもOK。穴をいくつか開けた袋に入れ、乾いたらその都度水を含ませてましょう。

記事に関するお問い合わせ