無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたのこと好きなんです!意識してもらえる相談の仕方6つのポイント

好きな人がいるけれど、どう意識してもらえばいいかわからない人も多いはず。チャンスは相談タイムです。彼に意識してもらえる相談の仕方を学びましょう。

2016年12月
恋愛・結婚

気になる彼に気づいてほしい…

“相談”で彼を意識させましょ♡

好きな人や気になる人がいるから意識してもらいたい。だけど、どうしたらいいの?なんてお悩みの女性はいませんか。そんな彼には“相談”をすると良いのです。

相談は自分の心の内を気になる彼に見せることで、あなたを意識することにつながります。そこで、彼に恋愛対象として見てもらうための相談の仕方やとっておきのフレーズを学びましょう。

1.“あなただけ”と特別感を強調して

「〇〇君にしか話せなくて」

男性が恋に落ちるのは、相手からの好意に気づいたとき。遠回しだと気づかないので、わかりやすく特別だと伝えることが大切なのです。そこで、相談の前置きとして“あなただけ”と伝えましょう。

「〇〇君に聞いてほしくて」「他の人には言いづらくて」なんて言われたら、鈍感な男性でも“自分だけ”ということに気づくでしょう。特別感を意識してしまうフレーズです。

2.本気モードで心を曝す

「真面目な話だけど…聞いてくれる?」

仲良くしている男友達には楽しい一面だけ、リードしている会社の後輩には強い一面だけを見せてはいませんか?そんな彼には真面目モードで話して、本当に信頼していることをそれとなく伝えましょう。

「真面目な話だけど聞いてくれる?」「本当に悩んでて…」なんていうように。いつも楽しそう・強そうに見える女性が、実は弱い部分もあると知ったら、男性の庇護欲が掻き立てられるはずです。

3.彼だけを頼りにしているアピール

「どうしたらいいかわからないの」

心の底から彼だけを頼りにしていることをそれとなく感じさせることも大切です。「どうしたらいいかわからなくて…」と言えば、本当に困っていることがわかり、男性は助けてあげたいと思うでしょう。

また「気がついたら〇〇さんのことを思い出して」と伝えることで、自分にとって彼は大きな存在であることを伝えられます。ほかの人ではなく彼だから頼ったということもわかるでしょう。

ただし、あまり接点がない男性にはちょっと重い言葉です。付き合いが長い男友達や会社の上司で、ある程度親しい関係であることを前提にこのフレーズを使いましょう。

4.相手を気遣うことも忘れずに

「こんな相談されて迷惑かな?」

女性はただ話を聞いてほしくて相談します。一方、男性は結論を出したいので意見することが多いです。「話を聞いてほしいだけ」だとわがままに感じられてしまうので、きちんと相手の意見を聞きましょう。

そして「こんな相談されても困るよね。ごめんね」と、相手への気遣いも忘れないこと。誰でも良いから話を聞いてほしいわけではなく、自分だからきちんと聞いてくれるのだと相手にも伝わるはずです。

5.最後に“2人だけ”を意識させて

「他の人には言わないでね」

相談の最後に意識させるのも大切。人は最後にあったことを印象的に覚えているものです。「今日話したことは他の人には言わないで」「私と〇〇君だけの内緒にしておいて」と伝えましょう。

“秘密”や“内緒”に男性は弱いもの。“2人だけ”だと意識させることで、男性は妙にドキッとしてしまいます。

6.相談後の感謝もマスト

「〇〇君のおかげ」

まずは相談したすぐ後に「聞いてくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。そして、相談して問題が解決した後に、もう一度報告がてら感謝の言葉を言いましょう。

「〇〇君に相談したおかげで成功したよ」「本当にありがとうね」なんていうように。また「また何かあったら聞いてもらってもいいかな?」と伝えることで、さらに彼を頼りにしているとアピールできるでしょう。

彼を恋に落とす相談をしましょ♡

相談には彼を意識させるようなさまざまなポイントがありました。ただし、嘘をつくのだけはNGです。本当は困ってないのに困ったフリをして彼に頼るのは悪質でしょう。

本当に大変なことがあったとき、気になることがあったときに気になる彼に相談して、彼の心を引き寄せましょう。あなたの恋が叶いますように。

記事に関するお問い合わせ