無料の会員登録をすると
お気に入りができます

腕をふるだけ! 1日3分でガチガチな肩こりを解消する「腕ふり体操」

美容

日本人の国民病ともいわれている肩こりを、腕をふるだけで解消できるなんて…と半信半疑の人もいるはず。肩こり解消に効果的な理由は、膏肓(こうこう)というツボをほぐせることがポイントなのだそう。

2000年以上前から伝わる中国の健康法「腕ふり」

日本人の国民病ともいわれている肩こりを、腕をふるだけで解消できるなんて…と半信半疑の人もいるはず。肩こり解消に効果的な理由は、膏肓(こうこう)というツボをほぐせることがポイントなのだそう。

「膏肓(こうこう)は、肩甲骨の内側のほぼ中央、心臓の裏側あたりに位置する重要なツボ。ここがほぐれていることが健康の条件ですが、膏肓は中医学で『薬も鍼も届かない』といわれるほど刺激するのが難しい場所なのです。
ただし、腕ふりで肩甲骨を動かせば自然とほぐすことが可能。さらに、膏肓は肩こりと関係の深い僧帽筋の中央にあるので、膏肓をほぐせば僧帽筋をほぐすことに。筋肉のこわばりをほぐすと血流がよくなり、自然とこりがとれるのです。
腕ふりは中国で2000年以上も前から伝わり、今なお効果が実証されている健康法。1回3分(約200回)、できれば1回3セット行うだけ。腕をふり、肩甲骨をほぐすことで体本来の機能が回復。続けるうちに、長年の痛みやツラさから解放されます。さらに、腰痛の改善、免疫力の向上、高血圧ぎみの人の血圧低下といった効果も見られました。血液の循環がよくなって免疫力がアップし、アンチエイジングにもつながりますよ」(北濱さん)

■「立ったまま腕ふり」の5つのポイント
北濱さんによると、腕ふりは立った状態、座った状態どちらでも行うことができるとか。まずは、立ったまま腕ふりを行うことで得られる5つの効果を教えていただきました。

肩甲骨が動く

「実際にやればわかりますが、腕ふりをすると肩甲骨がとてもよく動きます。肩甲骨を継続的に動かすと、骨の周辺の筋肉がやわらかくなって、たまっていたこりや痛みが軽くなっていきます」

胸郭が広がる

「両腕を同時に前後にふるとろっ骨も動き、結果的に胸郭が広がります。日常生活の中で縮こまりがちな胸郭を広げてあげることで、内部に押し込められていた心臓や肺の働くスペースが広がり、心肺機能の改善も期待されます」

血流がよくなる

「筋肉や関節は動かさずにいるとガチガチにこわばって、血管が収縮してしまい、当然ながら血液の流れも悪くなります。逆にいうと、腕ふりで筋肉や関節を動かせば、血流はよくなり、それを維持すれば健康な体でいられるのです」

1日3セットで効果アップ

「最初は1日3分1セットを続けること。テレビを見ながら腕をふっていれば、3分なんてすぐですよ。慣れてきたら、これを1日3セット(9分間)やりましょう。いつやってもいいですが体がほぐれやすい入浴後が特におすすめ」

体の軸が大切

「立って行う場合には、体の軸がゆがまないように意識しながら、まっすぐに立って腕をふることが重要。そうすることで体全体のバランスが整ってくるので、やがて肩こりだけでなく、腰痛などの緩和にも効果を発揮します」

■朝やお風呂上がりor就寝前に行う「立って腕ふり」
立っても座ってもできる腕ふりですが、基本は立ってやること。筋肉を使わず、腕の重みと遠心力で効果的に腕をふります。

まずは立って腕ふりの基本の体勢から。前後に腕をふっても壁などにぶつからない場所で行います。体をまっすぐにし、両ひざを握りこぶしひとつ分程度あけて立ちます。このとき上半身は、胸の中心にある胸骨を前に向けるイメージを持ち、腹筋に力を入れて背すじを伸ばします。顔は正面に向け、両腕は力を抜いて体の横にダランとたらします。

1、両腕をふり出す

両腕を同時に前に軽くふってから、だ円を描くようにうしろに向けてふり出す。うしろにふり出すときにお腹を前に突き出さないように注意しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ