無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「足組み前押しトレーニング」で座ったまま太もも痩せが叶う!?

座ったままできる下半身の筋トレと言えば、膝に電話帳を挟むトレーニングが定番。でも結構きつくて挫折してしまったという方が多いのも事実です。そこで道具ナシ、オフィスでもできる「足組み前押しトレーニング」をご紹介します。

2016年12月
美容

脚で脚を鍛える!足組み前押し

電話帳挟みの欠点をカバー

座ったままできる下半身の筋トレと言えば、膝に電話帳を挟むトレーニングが定番でした。ただ手軽にできるものの結構きつくて挫折してしまったという方が多いのも事実。

そこで、道具を使わず互いの足を絡めるようにしながら、自分の足の力だけで太ももを筋トレできる「足組み前押しトレーニング」をご紹介します。

足組み前押しトレーニングのメリット

1. 道具ナシでこっそりできる

足組み前押しに必要なのは座る場所だけ。自分の足の力を利用するので道具はいりません。

ですからオフィスやカフェでも人知れずトレーニングできます。誰かに呼ばれても足に何かをつけたり挟んだりしていないので、すぐに立って対応できます。

2. 前もも裏ももを選んで鍛える

足組み前押しは軸足に反対側の足を絡めるようにして行いますが、軸足を前後どちらからプッシュするかによって前ももと裏もものどちらを鍛えるかが決められます。

pixabay.com

全体的に筋肉量を付けたい方は前ももを鍛え、お尻周りのぷよぷよが気になる方は裏ももを鍛えるとよいでしょう。

3. 疲れすぎない

電話帳挟みのようにずっと継続してテンションを張り続けるわけではないので、後で足がだるくなったり足以外の部分が痛くなったりということはありません。細かい負荷を回数を重ねてかけていくのです。

4. 代謝が上がる!

これは太ももを鍛えること全般として言えることですが、太ももには全身の約4割の筋肉が集まっており、ここを鍛えることはそれだけ多くのカロリーを消費することにつながります。

pixabay.com

ダイエットやボディメイクのためにトレーニングするなら、最も効率の良い場所だと言えるでしょう。

足組み前押しにトライ!

前ももを引き締める場合

①姿勢を正し椅子に浅めに座る。
②左足を軸足とする。(右からでもよい)軸足のひざは直角に曲げる。
③右足の膝から下を左足の後ろに絡め、右足の甲の辺りを左足のアキレス腱辺りに当てる。

PINOKO

④そのまま右足で左足を前に10秒間押す。右足の前ももを触って力が入っていればO.K。
⑤軸足を変えて同じように行う。

裏もも引き締めは「足組み後ろ押し」

①姿勢を正し椅子に浅めに座る。
②左足を軸足とし、ひざは直角に曲げる。
③右足の膝から下を左足の前へ回し、右足のアキレス腱を左足首の前側に当てる。

PINOKO

④そのまま右足を手前に引き寄せるように、後ろ側へ10秒間押す。
⑤右足の裏ももを触り固くなっていればO.K。
⑥軸足を変えて同じように行う。

基本は左右それぞれ3セットずつ行います。10秒後、力を緩めたときにじわっと足に血が巡る感覚が気持ち良いですよ。

詳細はコチラ

足組み前押しを癖づけよう!

春までに太ももキュッ!

いつでもどこでも気軽にできる足組み前押し、座ったらまず行なうこと!とマイルールを決めれば良い癖がつきます。

薄着の季節までにキュッと引き締まった太ももが手に入る可能性大!是非チャレンジしてみて下さいね♡

記事に関するお問い合わせ