無料の会員登録をすると
お気に入りができます

新型コロナウイルス用語解説!3密、ソーシャルディスタンス、どういう意味?

ライフスタイル
JANIFEST / Getty Images

日本では外出禁止ではなく外出自粛の「要請」にとどまっています。罰則や罰金はありません。日本では今のところロックダウンはおこなわれていません。

「オーバーシュート」

感染者の爆発的な増加

オーバーシュートとは、本来は金融市場や統計で使われている言葉で、「行き過ぎる」「度を超える」という意味があります。新型コロナウイルスにおいては、「感染者の爆発的な増加」を指す言葉です。

sudok1 / Getty Images

具体的には、2~3日の間に累積感染者数が倍増するようなスピードの状態が継続すること。新型コロナウイルスを機会に日本独自に広がった言葉です。

「クラスター」

集団感染・感染集団

クラスターとは、小さな集団感染、あるいはその感染集団のことを指します。具体的には、共通の感染源を持つ5人以上の感染者の集団のことです。大規模な50人以上の集団感染はメガクラスターと呼びます。

Warchi / Getty Images

日本では、当初クラスターを特定するという、新型コロナウイルス対策をおこなってきました。

「3密」

密閉・密集・密接

クラスター、つまり集団感染が起きやすい場所の共通点が「3密」であるとされています。3密とは、以下の3つの条件が重なる状態のこと。

1.密閉空間(換気が悪い)
2.密集場所(人が多い)
3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離で会話や発声をする)

nantonov / Getty Images

感染予防の対策して、3密を避けるように呼びかけられています。また、どの状態の密も避けるよう「ゼロ密」を目指すようにともいわれています。

家の中でも気をつけて!

Solovyova / Getty Images
記事に関するお問い合わせ