無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デキる女性はやっている!オシャレアイテムお手入れ術

同じようなオシャレをしているはずなのに、周りからなぜか高い評価を受けている女性はいませんか?それは彼女が手入れの行き届いたアイテムでオシャレをしているからかもしれません。デキる女性がやっている、オシャレアイテムお手入れ法を紹介します。

2016年12月
ライフスタイル

品格をうつす「オシャレアイテム」 

高価なジュエリーやアクセサリーをつけていても、それらが手垢や汚れにまみれていたら、せっかくのオシャレも台無しです。そこで、だれでも家で簡単にできる、オシャレアイテムセルフメンテナンス術を紹介します。

① 手洗いが可能!「フェイクファー」

冬のファッションに欠かせない「ファーアイテム」。実はフェイクファーはおうちで手洗いできるものもあります。お手入れすることで、購入時のあのふわふわ感がよみがえりますよ。

洗い桶にオシャレ着洗い用の中性洗剤を入れて溶かします。液に浸したら、優しく全体を押し洗いします。洗い終わったら2,3回すすぎます。その後、大判タオルに包んで軽くおさえてから陰干しします。

②またやっちゃった!「ヒールの傷」

パンプスの大敵は、意外と目立つヒールの傷。大きなものは専門店での修理が確実ですが、小さなものなら自分でケアできることも。ここでは革がめくれてプラスチックが見えてしまった場合の対処法を紹介します。

まず竹串で革を浮かせ、寄ってしまった革を引出し、そっと引っ張ってシワを伸ばします。千枚通しに接着剤をつけ、革の裏側に塗ります。貼り付けた部分をドライバーの側面でこすりながら、たるみをとれば完成です。

③季節変わりにケアを「サンダル」

夏場に素足で履く機会が多いサンダル。肌が直接触れるものだからこそ、シーズンの終わりにはしっかりお手入れして、不潔にならないように抗菌することが不可欠です。

まず乾いた布にクリーナーをつけ、ベタつく汗を拭きとります。次に歯ブラシなどを使って、ホコリがたまりやすいフチの部分の汚れをかきだします。最後に抗菌スプレーを吹きかけ、布でまんべんなくふき取ります。

④黒ずみ対策「シルバーアクセサリー」

シルバーが黒く変色してしまうのは、実は硫化が原因です。そこで化学反応を利用して硫化を分解します。まずアルミホイルを敷いた器にアクセサリーを入れ、その上にスプーン1杯の重曹を振り掛けます。

その上に熱湯をかけ1~2分待ちます。黒ずみがひどい場合は何度か繰り返します。最後に水で十分にすすぎ、布でふき取ります。なお、人工的な燻し加工がされているものはこの方法では取れないことがあります。

⑤意外と汚れる「ジュエリーリング」

日々愛用するリングは、化粧品やハンドクリーム等で想像以上に汚れています。最初に、ぬるま湯に台所用の中性洗剤を数滴たらします。そこにリングを入れて、5分ほど浸します。

5分たったら、柔らかいブラシで優しくブラッシングして汚れを落とします。そのあと、別の器に入れた水ですすぎます。最後に柔らかい布で水をふき取れば完成です。

こまめなメンテで輝きをいつまでも

使い慣れたアイテムでも、こまめにお手入れすることにより、より長く愛用することができます。一つのものを大切に長く愛用する姿は、きっとまわりの人に、あなたという人物の品格を印象づけてくれることでしょう。

なお、今回ご紹介した方法は、あくまで一例であり、トライされる場合は自己責任においてお願いします。アイテムの状態をしっかり見極め、手におえないと判断したものは、専門家に任せてくださいね。

記事に関するお問い合わせ