無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イライラした時にやってはいけないこと

ライフスタイル

そんな時に、重要なことを決めようとすると、いつもの自分ではしないような判断をしてしまう可能性があります。落ち着きを取り戻してからじっくり考えるようにしましょう。

(5)自分を責める

イライラしている時に一番やりがちなことは「こんなことでイライラする自分は優しくない人間だ」と自分を責めることです。

自分を責めても問題は解決しません。精神的に不安定になって負のスパイラルに入りやすくなりますので要注意です。

日頃からイライラしない人になるには?

日頃からイライラしない人になるにはどうしたらいいのでしょうか。最後に、そのコツをいくつか紹介します。

(1)リラックスする時間を意識的に設ける

私たちは忙しくて心に余裕がない時、ちょっとしたことでもイライラしてしまうものです。

ストレスはどんどん蓄積してしまいます。毎日の生活の中で10分でもいいのでリラックスする時間を意識的に設け、その日のイライラはその日のうちに解消することを心がけましょう。

(2)他人には他人の価値観やルールがあることを受け入れる

私たちは自分の価値観やルールを当たり前のように感じていますが、他の人にとってそれは当たり前ではないことが案外多いものです。

他人には他人の価値観やルールがあることを受け入れましょう。

私たちが「ありのままの自分を受け入れてほしい」と思っているように、相手も同じように思っているものです。

「普通はこうでしょ!」と自分の価値観やルールを押し付けるのではなく、「この人は何でこんなことをするのだろう?」「どういう考えがあってこうしているのかな?」と、自分と他人の違いを理解する方向にエネルギーを注ぎましょう。

(3)自分が何にイライラしやすいのかを把握しておく

自分が何にイライラしやすいのかを把握しておくことも大切です。あらかじめ心づもりができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ