無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お取り寄せも♪自宅でおしゃれに旅気分。新潟発「hickory03travelers」の気になる雑貨&食品

インテリア

新潟県のいいモノを自分たちの方法で発信する「hickory03travelers(ヒッコリースリートラベラーズ)」。思わずくすっと笑みがこぼれる可愛いデザインのアイテムには1つ1つ様々なストーリーが隠されています。

今回はたくさんある商品の中から、普段使いしたい雑貨&食品をご紹介。通販サイトでお取り寄せもできるので、気になるアイテムをチェックしてみて。

「hickory03travelers」とは

ナチュラルな店内にはオリジナル商品が並ぶ

新潟発のhickory03travelersは「地域×デザイン」で日常を楽しむ商品を作りだしているクリエイティブ集団です。

レトロな懐かしい雰囲気が漂う、新潟県上古町商店街に佇むセレクトショップの運営の他、自らがデザイン・制作・流通・情報の発信を手掛けるモノやコトをクリエイトする集団として、上古町商店街を中心に全国に渡って新潟県のいいモノを自分たちの方法で発信しています。

hickory03travelers http://h03tr.shop-pro.jp/

職人技が光る手仕事で作られた伝統菓子「浮き星」

浮き星 缶(各648円)

一見、コンペイトウのように見える「浮き星(うきほし)」はもち米(あられ)に砂糖蜜をかけた甘いお菓子。今では明治33年創業の「明治屋」一軒のみで作られていますが、かつては新潟市民に「ゆか里」という名で愛された伝統菓子です。

さわやかな色合いの「浮き星」をミックスし、パッケージは新潟らしくてかわいいイラストにリブランドしたのがこちらの商品。湯飲み茶碗に浮き星を入れてお湯を注ぐと、ふわふわ~と浮き上がり、ほんのり甘い香りと、それぞれのフレーバーの味が絶妙にマッチ。しばらく経つと、中のあられがもちもち食感になる、何度も楽しめるお菓子です。

<浮き星:うきほし>お湯に浮く、金平糖のようで金平糖ではない、不思議な伝統菓子。新潟の老舗がつくる115年以上続く砂糖菓子。 http://ukihoshi.com/

寛延元年創業の染工場が手掛ける「藤岡染工場の手ぬぐい」

左:新潟のおむすび(2530円) 右上:藤岡染工場の手ぬぐい(1650円) 右下:はくちょうのがま口(4180円)

「藤岡染工場の手ぬぐい」は、新潟県阿賀野市にある寛延元年創業の藤岡染工場で制作しているこだわりの新潟手拭いです。「注ぎ染め」という手法で、型を彫るところから、染め、洗い、仕上げといった様々な工程を、すべて職人の手作業で制作しているこちらのてぬぐい。機械プリントとは違った、伝統の風合いが楽しめますよ。

こちらのてぬぐいでお米を包んだギフト「新潟のおむすび」や、「はくちょうのがま口」も一緒にどうぞ。

持ち歩きにも♪新潟の大自然で生まれた「熊と森のバーム」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ