無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

簡単に免疫力UP♡自粛生活の疲れ予防になる見直す10の生活習慣!

ライフスタイル

頑張らずに免疫習慣を高めて♡

自粛生活でなんだか疲れを感じていませんか?無理して頑張りすぎると、カラダは防衛のために免疫物質を作り出します。

vikialis / Getty Images

もちろん免疫はウイルスを抑えるのには有効ですが、なかなか取れない疲れ・不安などを引き起こす慢性疲労の原因に。そこで、脱・疲労体質になる10のことをご紹介!ぜひ参考にしてくださいね♡

意識するのはたった10のこと!

①ストレス予防に天気予報をチェック

RomoloTavani / Getty Images

なんだかモヤモヤして頭痛や体調不良を感じたら、それは「天気痛」という症状で、気圧の変化によって引き起こされている可能性も!あらかじめ天気予報をチェックして、体を温める・お風呂で発汗するなどの対処法で予防を。

②人間関係は比べないとラク♡

SolStock / Getty Images

人間関係は上も下もナシ!フラットな目線で相手に向き合うよう心がけて。マウンティングは劣等コンプレックスのある人が抱きがちな思考。ランク付けでしか対人関係が考えられなくなると、結局は自分が疲れてしまうもの。人を裁かず自分も裁かずで気持ち良く♡

③心がモヤモヤしたらプチ瞑想が◎

Westend61 / Getty Images

忙しい人ほど緊張や疲れに気づかないもの。そんなときこそ「プチ瞑想」を使って、過緊張をほぐしましょう。自分の体に意識を集中させて、知らずに蓄積している疲れた部分をチェック。悩みが消えないときは、五感を働かせながら食事をいただき、脳と心の堂々めぐりから自分を解き放って。

④一日ひとつのチェンジで小さな幸運を♡

Grace Chon / Getty Images

小さな幸運を呼び込みたいなら、服・コスメ・ランチなど、一日ひとつマイナーチェンジを。新しいことにチャレンジすると、やる気ホルモンのドーパミンが分泌されるため幸福感や快感がUP!小さな変化が毎日をハッピーにする秘訣♡

⑤ドカ食いを防ぐ分量テクニック

Kathrin Ziegler / Getty Images

体内時計である「BMAL1(ビールマルワン)」は脂肪細胞の分化を促すもの。これは時間帯によって増減するため、脂肪が吸収されにくい日中2〜4時は間食に最適!忙しくて夕食が遅くなりそうなら、この時間帯に少しでもカロリーを摂り、ドカ食いを防いで。

記事に関するお問い合わせ