無料の会員登録をすると
お気に入りができます

短気な人のご機嫌を損ねないテクニック5つ

ライフスタイル

仕事でもプライベートにおいても、気が短い人が言ったことには、まず「そうですね」と受け止めてあげることで、怒りに火を付けずに済みます。

相手の意見を聞いたときに、すぐ「いや、そうじゃなくて私はこう思います」と続けると、気が短い人は自分のことを否定されたと思って怒り出します。反論したいときでも、ワンクッションを置いて相手の意見を一度肯定することでかなり印象が変わります。

(3)冷静に毅然とした態度を取る

気が短い人は、実は気が小さいので、誰に対しても怒りをぶつけているわけではなく、自分より弱い立場の人を無意識のうちに選んでいます。

怒られたことに動揺していると、ますます怒りに火を付けてしまうことになるので、冷静に毅然とした態度を取ってください。理不尽に怒られた場合は、論理的におかしい理由を淡々と説明するとトーンダウンします。

(4)長所を見つける

気が短い人に対しては怖いイメージを持ってしまうものですが、仕事などで接する必要がある相手であれば、なるべく長所を見つけてみようと思ってみるといいですね。

「〇〇さん、こういうところすごいですよね」と伝えてあげると、相手からの印象も良くなります。

気が短い人は周りの人からも敬遠されがちなので、実は寂しさを抱えていることも多いのです。でも、プライドが邪魔をして寂しいとは言えないので、そんな自分を理解してくれる人に対しては好意的に接してくれるようになります。

(5)適度に受け流す

相手が自分とは関係がない理由で不機嫌になっているときには、過度に気にせず放っておくのがいいですね。「何とかして機嫌を取らなければ!」と思う必要はありません。腫れ物に触るように接すると、相手の罪悪感を刺激してしまいます。

気が短い人が文句を言っていても、「へ~」「そうなんですね~」と相づちを打って適度に受け流しておきましょう。相手の怒りに巻き込まれないように、自分は自分の機嫌を取ることが大切です。

まずは相手を受け止める姿勢を大切に

気が短い人は、せっかちな性格で自分にも他人にも厳しいです。すぐ怒るので怖いイメージを持っている人も多いですが、実は小心者で傷つきやすく、寂しがりやな一面も。

プライベートであれば距離を置くことができますが、仕事で関わる必要があるときは、気が短い人が何で怒るのかよく見極めておきましょう。

会話の際は「そうですね」と、相手を一旦肯定することで、穏やかに付き合っていくことができるはずです。

(高見綾)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ