無料の会員登録をすると
お気に入りができます

全国で発令!「緊急事態宣言」で私たちの暮らしはどうなる?

ライフスタイル

これは罰則ではなく、あくまで施設が閉鎖していることを伝えて、混乱を防ぐための措置です。

イベント自粛の要請

大勢の人が集まるイベントに関しても、知事は自粛を要請できます。従わないときは指示に切り替えられます。これもまた指示した事業者名を公表する場合もあるようです。

一部地域では休業要請も

東京都や大阪府など、一部地域では事業者に休業要請もしています。ただ営業を止めれば、収入もストップしてしまうのが厳しいところです。そのため休業要請に従い、自粛した事業者に協力金が支給される地域もあります。

Shuichi Segawa / EyeEm / Getty Images

これは都道府県や自治体によっても対応が異なるため、それぞれ地域で確認が必要です。

もしかしたら変わるかも

幼稚園・保育所

知事は、保育所の使用制限も要請できることになっています。そのため保育所が臨時休園になる場合もあるかもしれません。人数を減らすなど縮小する施設もあります。

archideaphoto / Getty Images

ただ、働かなければならないひとり親にとって、保育所が閉まってしまうのは本当に困ることですよね。市区町村が代わりとなる保育所を用意することを検討するようです。

医療

通院は外出自粛の対象外です。ただし感染が広がるのを防ぐ対策のため、外来の受付を限定している病院もあるようです。

upixa / Getty Images

また病院に行くのが不安な人もいるでしょう。新型コロナウイルスの影響により、厚生労働省では、対面診療だけでなく、インターネットを通じた「オンライン診療」を初回から認めることにしています。また薬も病院を通じ最寄りの薬局から宅配してもらえるケースも。

出典:厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について」

心配な人は通院している病院に問い合わせて、電話やインターネットでの「オンライン診療」を行っているか、その場合の薬の処方などについて相談してみましょう。

交通機関

公共交通機関の鉄道やバスなどは、原則通常通りの運行をおこなっています。ただし、例外として東京都の路線バスが減便したり、JR北海道で減便・減車されたりもしています。今後、公共交通機関での変更もあるかもしれません。

記事に関するお問い合わせ