無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お布団の洗濯ってどうしてる?お家できる布団まるごと洗濯テク♡

布団をキレイにしたい時、シーツは洗うけれど布団そのものは干すだけで終わっていませんか? 布団は毎日使う物なのに何年も洗わなっていないと、ニオイや汚れが気になってくるもの。今回は、布団をまっさらキレイにするための自宅でできる洗濯方法をご紹介します。

2016年12月
ライフスタイル

お布団って洗濯していますか?

天気のいい日は極力外で布団を干すようにしている方も多いかと思いますが、買ってから一度も洗濯していないという方も多いはず。

干すだけでは中に溜まってしまった油分などは取れませんし、いざ洗おうと思ってもどう洗濯するのが正解なのかわかりませんよね。今回は、この時期に大活躍の布団のお手入れ法についてご紹介します。

お布団を洗濯する前に!

布団は2~3年に1回が洗濯の目安

季節を問わず人間が一晩でかく汗の量は、なんとコップ1~3杯にもなるのだとか。その水分は布団に吸収&発散されますが、汗の中に含まれる塩分やアンモニア、油脂などの汚れた成分は布団に蓄積されていきます。

すると、中の詰め物も汚れていき布団そのものの機能も低下。本来ならば頻繁に洗いたいところですが、布団は衣類と違って洗濯が苦手なので、2~3年に一度、多くても年1回程度の水洗いに留めておきましょう。

布団のタグについた洗濯表示を確認

手洗いマークや洗濯マークが表記されていれば自宅で洗濯OK。しかし、水洗い不可だったりドライマークの場合は自宅で洗うことは残念ながらできないため、クリーニングを利用したほうが無難です。

キルティング加工していないものはNG!

キルティング加工がされていない布団の場合、洗うと中の詰め物が偏ってしまうので自宅では洗濯には不向きです。また、綿や羊毛100%の布団も、水に濡れると固くなったり縮んでしまうのでオススメできません。

羽毛布団は基本的にクリーニングへ

デリケート痛みやすいと言われる羽毛布団は、自宅で洗ったりコインランドリーの乾燥機を使うのは基本的にNG。しかし、最近では羽毛に撥水加工がされた洗える布団も出ているので、洗濯表示を確認してみて下さい。

羽毛布団は、徹底的に乾燥させることがポイント。しっかり乾燥させないと嫌なニオイが発生してしまう可能性があります。羽毛布団はコインランドリーの乾燥機ではなく、外干しで乾燥させると良いでしょう。

記事に関するお問い合わせ