無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お皿を使いこなそう!家にある食器でいつもの料理が3倍美味しく見えるテク

料理のメインといえば「味」ですが、食器の使い方や盛り付け方も実は重要なポイント。見栄えよくキレイに盛り付ければ、さらに料理がおいしく見えます。普段の料理はもちろん、来客時に出す料理や、パーティー料理などに役立ててみて下さいね。

2016年12月
ライフスタイル

食器と料理のバランス考えてる?

昔から「料理は器から」と言われるほど、使う食器によって食事の味も変わります。特に、せっかく高級な食材を使った料理なのに、残念な食器だとすべてが台無しになってしまいます。

「オシャレに盛り付けたいけど、細かいルールまで覚えられない!」という方も多いはず。そこで今回は、食器に使う色がもたらす効果と、食卓が美しくなる盛り付け方のコツについてご紹介したいと思います。

食器の色だけでも印象が変わる!

食器と言っても素材から形など種類は様々。すべて頭に叩き込むのは至難の業なので、手っ取り早く料理の印象を変えられる「色」から覚えてしまうのがオススメ。

透明(ガラス)

氷のイメージが強いため見た目も冷たく感じる、透明の食器。熱いものを乗せるのはもちろんNGで、サラダや水菓子、氷菓子、冷やした果物、冷たい麺類などが最適です。冬場に使うのもオススメできません。

白色

食器の基本的な色である白色は、和洋中どんなジャンルの料理にもあいます。特に、トマト系の料理の組み合わせが最強!デザートや果物なども変に凝ったりせずに、シンプルな白い容器だと色が映えるでしょう。

黄色

暖色系の代表で実りの色でもある黄色は、食欲を増進させる色でもあります。その反面、幼稚さや軽率をイメージさせるため、落ち着きや高級感がやや出しにくい場合も。ピンポイントで使うと良いでしょう。

赤色

赤色の食器は、食欲を抑える効果があることからダイエットに向くと言われています。また、塩味などの味付けも薄く感じるのだそう。暖色系なのでパーティーなどで使うと、気分も高揚し話が盛り上がりやすいでしょう。

青色

青色は、赤色同様、食欲を減退させる色なのでダイエット向きですが、塩味などの味付けは濃く感じるのだとか。食器には難しい色なので、ピンポイントで使うのがオススメです。

記事に関するお問い合わせ