無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おうちがジムになる! 100均シリコンチューブを使ったストレッチ&トレーニング6選

美容

今回は100円ショップで購入できるシリコン製のチューブを使います。持ち手部分は、ひざや足裏でも固定できるように、やわらかい素材を選ぶようにしましょう。

<サイドクランチ>ウエストを引き締めてスッキリボディに!

続いては、体を傾けるだけでカンタンにウエストやせできるエクササイズ「サイドクランチ」です。猫背にならないように注意しながら、お腹に力を入れて、背すじをまっすぐに伸ばした状態で行います。

<1>
肩幅より少し広めに足を開き、チューブを引っかけます。

<2>
チューブを持っている手と反対側に体を倒していきます。元の位置に戻したらこの動作を20回行ってみましょう。終わったら反対側も行いましょう。

<ポイント>

手の先は足の横をすべらせるようにしましょう。
曲げられるところまで曲げ、腹斜筋に刺激が入っていることを感じながら行いましょう。
左右同じ角度で曲げられるようにしていきましょう。
側屈の参考角度は約50度です。
体がかたいという人は、まずその角度を目指してくり返してみてください。

<弓矢のポーズ>キレイな後ろ姿作り!

背中とお尻を同時に鍛えて後ろ姿美人が目指せる「弓矢のポーズ」をご紹介します。最初はバランスをとるのが難しいかもしれませんが、徐々にキープする時間を延ばしていって鍛えたいパーツに効かせられるようにしましょう!

<1>
うつ伏せの状態から片方のひざを曲げ、その足にチューブを引っかけます。

<2>
足を引き寄せながら腕を上げ、チューブを反対の手に持ち替えます。
空いているほうの手は、床に置いて体を支えるようにしましょう。

<3>
チューブを伸ばしきらないように気をつけながら、ひざをできるだけ浮かせて上半身を反らしていきます。この状態を5~10秒保ちます。

<ポイント>

首を長く保ちましょう。
腕を上へしっかり伸ばし、肩甲骨を背面で押し下げましょう。
チューブが引っかけている足からはずれないように注意しましょう。

<フロントロー>「肩周り」のシルエットを美しく!

肩三角筋は、特になで肩の人に鍛えてほしい部位です。『肩の筋肉を鍛えると腕や上半身が太く見えないか心配』という人もいますが、適度に肩の筋肉を鍛えることは、デコルテをキレイに見せ、小顔効果も期待できるんです。人の印象に残りやすいのはデコルテから上。トレーニングしにくい肩の筋肉だからこそ、日々の努力が必要です。薄着の季節に備えて、適度に筋肉のついた肩のラインをゲットして、洋服やドレスもキレイに着こなしましょう!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ